2/12
内房漁港
-TARGET-
メバル
連休の中日。渋滞が気になるが、この季節はそれ程混まないだろうと少しだけ早めに出発。目指すは南房漁港。メバルを狙ってから、前回釣具屋で好調と聞いた南房某所でシーバス狙いの予定。しかし予想以上の大・渋・滞。我慢の限界が近づく生理現象。
予定を変更して内房のホームにてゲーム開始。
ぎりぎりマヅメといえる時間か?。しかし反応はない。ラインの先はシラスヘッド+ストローテールグラブのエコギアセット。これでテトラ帯を扇状に攻めていく。すると毎回同じ場所で根掛りする。絶対この根周りにはいるはず。
グイッと力まかせに根がかりを外すから驚いて喰いつかないのだろう。脅かさないよう根の近くまできたルアーをロッドをあおって上に逃がす。コッと軽く根にあたるがそのままリトリーブ。するとククンっとヒット。15.6センチ位か?抜き上げるとオマケして20センチのメバル。少し痩せ気味。それでも読みが的中しただけに嬉しい一匹。その後、粘るも1ポチャンのみ・・。おそらく同じサイズ。針先チェックが甘かったか・・。

港内へ移動すると、すぐにヒットは14,5センチ程。やや濁りが入っていい感じではあるが、なかなか連荘とはいかない。そこそこ粘ってゲットはまた同じサイズ。サイズアップを目指しスプーンにチェンジするとノーバイト。アワビ貼りは嫌いなのか。結局ショートバイトが一回きり。シンキングペンシルにチェンジ。明暗の際を岸沿いにトレースするとヒット。これも同じサイズ。
今夜は底付近をデッドスローで攻めないと、反応してくれない。気付くのが遅かった。結果20を頭に5匹だったか?
さて、どうしよう。時計を見るとちょっと予定時間をオーバー。このままやるか、南房へ移動してシーバスか、時間がないから内房でシーバスか。

内 房
-TARGET-
シーバス
内房シーバスへ。
タックルをセット。ウェーダーを履き、洗濯したばかりのライジャケを着てポイントへ向かう。やはりいたか、お友達。
満潮一杯からやっているもノーバイトとのこと。ライトをつけて水の中を見てみろと・・。
「バチ抜け!」。
シーバスはいるが、何をしても反応しないと・・。
私は南房でやる予定だったからバチ対策は皆無。対策っていっても、サーフアングラーだから・・よく分らないけど・・。とりあえずキャストするも反応なし。
私には、お・手・上・げ。
何やらソワソワする釣友。移動したいらしい。
それもシーズンオフの聖地へ。

一路聖地へ。
アングラーは誰1人いない。ソロソロとウェーディング開始。私はエイが怖いので彼のスリップストリームに入り安全対策。それでもさすが言い出しっぺ。強風で20メートルもルアーが飛ばない状況でランカーをゲット!。でかいバチ40cmオーバーか!?。オ・メ・デ・ト・ウ。
シーバスの部、実釣1時間半で終了。
渋滞。時間配分のミス。迷走。
こんな日もあるさ。