4/10
南 房
-TARGET-
メバル
桜が満開。春真っ只中ですね。
最近のポカポカ陽気のおかげで、水温も16℃程度まで上昇。
「そろそろサーフもいいかも?」ということで、メバルのちサーフの予定で出発。メバルの部は、最近好調とのウワサのある南房で開始。
午前2時過ぎに現地着。上げ潮のはずも、ほぼ満潮に近いのか流れは緩やか。
シャローエリアから探り始めるもノーバイト。コンビニの駐車場でユックリと食事している場合ではなかったか。
係留船を繋ぐロープに沿ってシラスヘッド+スクリューテールグラブをキャスト。
この場所での一投目なので、カウントダウンせずスローで引いてくる。
すると、何やら濡れ雑巾を引っ掛けたような感触が・・。「海草かな?。」と思うも、ラインを通じて生命反応あり。ヒット!
「これは大きいかも!?」と期待したものの、何故か私のリーディングに合わせるかのように走る。パニックになっているのかも知れない。それでも、その走りはトルクフル。近くまで寄せた魚を浮かそうと思うと、ズッシリとした重量感。やはり大きいかも!
泳ぎに合わせて一気に引き抜く。グッドサイズ!尺か?・・いや・・目測でもちょっと?かなり?無理がある・・。
それでも25.5cm。ウ・レ・シ・イ!!
攻める場所を変え、潮通しの一番よい漁港先端へ。やはり流れはない。
上げ潮に乗って港内へ入ってくるメバルを狙い撃つ作戦だったのだが、どうしよう・・。
メバルからの反応はない。
そこで、ルアーをシンキングペンシルにチェンジ。
風が強く海面が波立っていて警戒心が緩んでいるからなのか?、メバルのバイトは表層近く。しかしフックアップしない。バイト2回、バラシ1回。
バラしたメバルはそこそこサイズだったはず。シングルフックが原因かと凹んでいると、足元でルアーが軌道を上へ変えた瞬間ヒット。
フックアップ。いい引き。メバルの泳ぎの向きを変え主導権を握ったところで、バットに左手を添えて引き抜く。
21cm。サイズダウンしたけど、嬉しい一匹。
期待しながら同じ場所を攻めると、バイトはたまにあるもフックアップしない。
状況を整理してみると、下のような感じ。

1、ソフトルアーからシンキングペンシルに変えたらバイトした。
2、魚のサイズはソコソコのよう。
3、バイトが1番あるのはルアーが上方へ軌道を変える足元近く。水面下1m位か?

他の状況も加味して推測するに、警戒心がなく表層近くにいるが低活性で、捕食のスイッチは切れる寸前というところだろうか?
この状況をどう攻めるのか、答えがでない。
ハードルアーの種類を変えるか?、それともカラーチェンジか?。
シャド→S・ミノー→ソフトルアーとローテーションするも、反応はなかった。
今思うと、素直にカラーチェンジだったか?。スプーンのフォールで活性を上げる努力をするのもよさそうな攻め方だったかも・・。

やはり来るのが遅かったよう。潮止まり寸前で釣れ、潮止まりで反応なし。
結果、2時間で3−2。他のバイトは少々。
それでも、25UPに大満足でした。


南房サーフ
-TARGET-
シーバス・ヒラメ
マゴチ
そろそろメバル狙いも終わりにしないと、朝マズメのサーフに間に合わないと思っていた矢先、一足先にサーフへ入っていた友人から、風が強くルアーが飛ばないとの一報が届く。
狙っていた場所だったが諦め、別の場所へ。
ぎりぎりマズメといえる時間か?キャストを開始。
横風やや強し。魚の気配なし。激濁り。早々に移動。

打って変ってこちらは透明度100パーセント。
しばし攻めるも、釣れる気が全くしない。ここは風裏とはいえ、ほぼ無風。
これならば、本命ポイントも風が弱まったのでは?、ということで移動。

朝一の状況よりよさそうだが、まだまだ向かい風が強い。前日までずっと南風が吹いていたから心配していたのだが、やはり海草も接岸中。しかし、場所を選べば何とか釣りになる。
波の感じはほぼ満点。ただ、こちらも濁りがやや強い。流れはない。
一番いいと思われるエリアで粘るも、魚の気配なくノーバイトで終了。
久しぶりのサーフだったから、思う存分キャストを満喫してきました。
釣れませんでしたが、本日は大満足でした!!