4/24
南 房
-TARGET-
メバル
今シーズンの南房はグッドサイズが出ているよう。
私も2週間前、尺には及ばないが25.5cmを獲った。それから狙っていた同所での尺メバル狙い。「風やや強く」の予報も、「やや」なら気持ちの昂った私は止められません。
干潮から満潮までやるつもりだったのだが、結局、出発は・・。
R16号を南下、工業地帯の煙突の煙が出た瞬間から真横に・・。南は大丈夫だろう・・。
現地に着いてみると、「やや強く」でも「強く」でもなく、「やや爆風」。

こんな日は港の奥のほうにいるもんさってなことで、1投目。あえなくロスト。やはりオーバーハンドキャストは無謀だったか。それでは、得意のアンダーバックハンドの水面ぎりぎりライナーキャストで攻める。2投目。ロスト。ロッドが強風に煽られた。
港内を攻め続け、2週間前に25.5cmを獲った場所へ到着。ここでの1投目、風に煽られてポイントを外す。風が弱まるのを待って2投目。これは成功。リトリーブ開始。でも、この風ではアタリが分からないよと思っていると、微かにモゾモゾとした手応えが。これはメバルのバイトじゃないですか!気付くのが遅れた。1、2秒の短いファイトにて終了。
ここで粘るも、これで釣れたらきっとそれは新種のヒラスズキならぬヒラメバルだろう。港内の風が避けられるポイントに避難。
メバルもきっと避難してるはず。狭いエリアを攻める。船体スレスレのところに平行にスーパーキャストが決まる!この船の大きさからしてカウントダウン2でジャストだろう。リトリーブ開始。ビンゴ。モゾモゾっとしたアタリは良型に違いない。今日のラインは3lb。躊躇せず、走りに合わせれば抜けるさ〜。てなことで横たわったメバルはやはりデカイぞ!
寄ってきた猫を威嚇しながら計測すると、26cm。尺には遠く・・でも、今期最大サイズ!!
よし、2匹目は・・いなかった。
1匹小さいサイズを追加して終了。
強風はもちろんとして、満月が気になった。釣れたのは2匹とも船の際の陰の部分だった。
今年は尺獲りのチャンスがあったと思われるだけに、この気象条件は非常に残念。もう終わると思うけど、もう1回行こうかな〜。


南房サーフ
-TARGET-
シーバス・ヒラメ
マゴチ
メバル狙いは戦意喪失。駄目もとでサーフへ。
満月って本当に明るいです。海面に光が反射して眩しいくらい。森林浴ならぬ月光浴。マイナスイオンでリフレッシュできるかも・・?
風向きのせいか、こちらは思ったほど波が高くない。風もそれほど強くない。
一投目。やはり・・・・海草です。砂浜にはそれほど打ち上げられてないのに・・。特に岸沿いは溶けかけの海草ゾーン。これでは魚は寄らない気がするし、釣りにくいし・・。。ヒットゾーンの7割位が消えました。釣れるとすれば沖目。水深1.7m弱から1.2m位になると思われる10m程のゾーン。岸から2つ目のブレイク。フルキャストでなんとか届くあたり。
最終的には裂波とヒラメミノー125Fでこのカケアガリを攻めるもノーバイト。
途中からこちらもメバル同様に戦意喪失。うねり残りで長い波足。時折沖で立つ大きな波。願いを託した10mのゾーンに魚が入っていると思えなくなっては仕方ないか。流れのあるエリアではサーファーが流れてくるし。
今回はランカー海草3本獲りました。食べられるのかね??