5/1
内房→南房漁港
-TARGET-
メバル
数が出ているらしい内房から、メバル狙いで南下することに。
キラキラと輝く海。綺麗だ〜って夜光虫か。港内は潮止まりのせいもあってかドンヨリとした雰囲気が漂っている。明日の昼まで潮も動かないし、これはちょっときついかも・・。
こんな状況でも、メバルは口を使ってくれる。濁っているせいもあるのか、明るいところでもバイトがある。
いちじぐ+スクリューテールのセットで2匹ゲット。サイズは15cmといったところ。
スプーンでもゲットするが、ややサイズダウン。
1時間でゲットは3匹でしたが、この状況で3匹なら内房は潮が動く時間帯ならいい釣りできそうです。
南房漁港へ移動。
ベストポイントには先行者が入っている。仕方ないので、普段あまり攻めてない場所も探ってみましょう。
漁船の際、へチを中心に攻めるも反応なし。
前回?下見したスロープの段差にある海草の横を通すと黒い陰がシラスヘッド+グラスミノーSに向かって突進。15cm程のメバル。群れでいるかなと期待するも、一匹狼だったようで・・。

沈んでいるロープにステイしていると信じて、片っ端からキャストしていくもノーバイト。
港内のストラクチャーは諦めて、潮通しがいいと思われる場所でふらつき回るメバルを補導する作戦に。ほとんど潮は動かないんだけど・・。
「チッ、根掛りかよ!」。ランカー海草?水満タンのレジ袋か?やたらと重い。
あれれ。でも、そんなものはなかったはず・・。
クン・クン!。ロッドが絞り込まれる。生命反応を感じた瞬間、フックアウト・・・・。
ボワっと夜光虫で光った魚のシルエット。悠然と泳いで行った。
グッバイ!、尺?メバル・・・・・・・・。

南房サーフ
-TARGET-
シーバス・ヒラメ
マゴチ
サーフは、前日までの南風のせいで海草接岸中だろう。
ならば朝5時位までここでメバルを狙って、それからサーフでもいいか。
う〜ん、やっはりマズメはサーフでロッドを振りましょう。
海岸線に海草は思ったより少なかった。でも、海の中はまだ分からない。恐る恐る1投目。セーフ。前回よりも少ない。ラッキーですね。
波もウネリの影響はそれ程なく、こちらもグッド。シーバス狙いにはややもの足りない程度の波高。
今日はいい感じと思うも、そう思えたのは明るくなりだすまで。ちょっと嫌な感じのニゴリが入ってます。
流れ、ヨブ、払い出しなど、ポイントははっきりしていて狙いは絞りやすいものの、アタリはなし。
7時過ぎ、もう帰ろうかと思うとガンガン左から右へ潮が流れ出した。
時合到来?
再びランガンで一帯を広く探るもノーバイトで終了。今日は疲れた。