5/9
南房サーフ
-TARGET-
シーバス・ヒラメ
マゴチ
メバルのちサーフという、最近のいつものパターンで出撃。
南房漁港に到着するもちょっと眠い。目を閉じたら最後、気付いたら朝マズメ直前。メバルは諦めますか・・・・。
素早く着替え、サーフへ出撃!
サーフはやや凪。波指数は30%。海草は海岸線には見当たらない。
マズメはシーバスもターゲットにヒラメ狙い。その後はヒラメ・マゴチ狙いでいきましょう。

ラインの先にはR50。このルアーでランガンしていくと、何やら変なポイントを発見する。払い出しと払い出しの間のポイント。2つの払い出しの間隔が非常に狭く、なぜかそこだけ波が立たない。少し沖で2つの払い出し繋がっているのか?。
真ん中に陣取ってキャストすると2投目にバイト。「クイッ!」とくるもフックアップはしなかった。
ソゲかな?。少し粘るも、この場所はこれ以上何もなし。ランガン再開。

ここもかなりよさそう。どんな感じ?と言われるとなかなか表現しにくい。海底の起伏に富み、波の周期が短く、水面が振動?している感じ。小刻みにキャストしていくが反応はない。
しかし、釣れそうな雰囲気が漂っている。このまま移動するのは惜しいので復路に入る。

しばらくすると、水面がざわついた。ほとんど足元だ。

ボイル?

あっちこっちでベイトフィッシュが逃げ惑う。

少し時間が空いた後、右から左へ大量のカタクチイワシが「バシャバシャバシャ!」っと一瞬にしてサーフに打ち上げられた。
その音は右耳から左耳へ、まさにステレオサウンド♪。今でも耳に残っている。
私を真ん中にして50mほどのエリア。
ウェーダーの上でもカタクチは暴れている。

チャンス到来!。キャストしたルアーに「コッ!コッ!」とカタクチがあたる。
「喰え!喰え!」と心の中で叫びながらリトリーブするもノーバイト。キャストを繰り返すもフックアップするのはカタクチ・・。カタクチは砂の上でまだビシャビシャしている。
今投げているルアーがチャートカラーで、フラッシング効果がないのが原因だろうとイワシカラーに変えるも無駄に終わった。
この状況で釣れないのか・・・・

気を持ち直して、このショーの主役たるシーバスが戻ってくることと、ヒラメもついてきたことを信じてキャストを繰り返す。
フルキャスト一発。気持ちよくルアーがすっ飛んでいく。
リールを巻き始めた瞬間から手応えあり。波間にエラ洗いが見える。ヒット!
遠くでのヒットだけに、ロッドを下げてもエラ洗いは収まらない。ズッシリとロッドにシーバスのウエイトが乗ったのを確認して、追い合わせを2発入れる。イイ引き!それも沖でヒットしただけに十分堪能できる。
途中、手応えが悪くなる。どこかのフックが外れたのか?祈りながらも慎重にランテンションを保ちながら寄せる。
そんなこんなで、何とかリーダーを掴んでランディングはフッコ58.5cm。ヒットルアーはsasuke SF-120技力。
サイズ以上によく引いたのも魚体を見て納得。グッドコンディションの朝青龍並みの体。砂の上でも暴れまくって写真のように砂まみれ。

その後、なかなかこのエリアを捨てきることができず、丹念に1往復半するもノーバイト。

そして、また広くランガンするもノーバイトでした。