6/5
南房サーフ
-TARGET-
シーバス
ヒラメ・マゴチ
大気の状態が不安定で、明け方まで雨・雷のおそれがあるとの天気予報。雷は怖い。サーフだと避雷針持って歩いてるようなもんだし。
夕マズメ狙いに切り替えるか、素直に休釣日にするか。
う〜ん、やっぱり朝がいい!!
サーフは波立ってます。波1.5mの予報も実際は2m〜。岸から2つ目のカケアガリのところに立つ一番大きな波の波頭に「届け、この思い!」・・ではなくて、「届けルアー!」。

薄っすらと明るい中、辺りを見回すと海鳥の姿が数匹ほど。
やっとサバが去ってくれたか。これで落ち着いて砂物3種が狙えるぞと、ランガン開始。
と思うも束の間。嫌なものを見てしまった。
サーフに打ち上げられたイワシ数匹。でも、鳥は少なかったし大丈夫だろう・・。
大丈夫ではなかったようだ。どこからともなく海鳥の大群が・・。

そこへキャストすると・・ ヒット! サバ!。
サバは今回はパスなので次のポイントへ。すると、どこからともなく海鳥の大群が・・。
そこへキャストすると・・ ヒット! サバ!

移  動

ポイントを変えてマゴチ狙い。
ここならサバの影に怯えなくてよさそうだ。
しかし・・・・濁り強し、ゴミ多し、低潮位。
こんな感じでディープウェーディング。
しばし粘るも釣れる気がしないので撤収。
透明度30cm?自分の足が見えないくらい濁っていては、さすがに釣れないよね?。
ウェーダー越しに感じた水温は温かくは感じなかった。
やはりマゴチ狙いにはまだ早いのか?
もちろん、釣れてもおかしくないんだけど。