6/19
内房漁港
-TARGET-
メバル
今年のメバル狙いは終了したつもりだった。
でも、湾奥は釣れてるみたいだし、梅雨メバルってことで1時間だけの短期決戦を挑むことに。
ビークヘッドにスクリューテールのオレンジをセットしての第1投。シーズン中なら、90パーセント以上の確率でメバルが付いている場所へキャスト。
ルアーが着水した瞬間、水面が光らない。夜光虫はいないよう。「これならばいけるか!」。
やはりいた。小さいながらもメバル。
普段なら測らないサイズだけど、確認のために測ってみると13cmでした。
その後、ここで連続4ショートバイト。残念ながら獲れず・・。
今日はへチに張り付いているんだけど、へチには大量のゴミが浮いていて、どうにも攻めきれなかった。結局、最初の一匹のみで終了。
梅雨メバル、潮周りと雨次第ではイケルかも!小さいベイトも確認できたし。

南房サーフ
-TARGET-
シーバス
ヒラメ・マゴチ
本当は外房サーフのつもりだったけど、なんとなく南房サーフに変更。
水温は砂物グランドスラムを狙える20度程度。
憎きサバも実は隠れターゲットにしつつ、サバがいなくても何かしらは釣れるだろうという甘い考えで南房へ。
午前3時半の時点で、すでに潮位が低い。予想以上に潮が引いていた。ちょっとショック。
マズメの勝負ポイントを探すべく500m程ランガン。そこそこよさそうなポイントが3ヶ所あった。そろそろベストタイム。この先のサーフは見た目にそれほど変化はなさそう。3つのポイントから選ぶのがよさそうだけど、どこで勝負するか悩む。

1、わずかながらも水が海に届いている流れ込み周辺。水深は浅めで海底の変化は物足りないが、綺麗にまとまった潮の流れがある。

2、やや大きめの払い出し。海底の変化もあり潮も当たってるが、ちょっとパワーがあって釣りにくいのと、底まで荒れている感じがする。

3、前2ヶ所に比べ浅く、底の変化もあまりないためいまいち信用できないが、潮の流れはここが一番。ルアーの引き抵抗の変化がスゴイ。一番大規模に水が動いている。

悩みながらも、1と2はそこそこ叩いたので、あまり叩いていない3に決定。1と2の場所は、3を叩いた後でも間に合うかもしれないし。

でもって、R50(A7:チャート)にいきなりヒット!。
イワシ・サバの気配は全くなかったので、内心ガッツポーズ。
だけど、この引きは十中八九、いや、十中十・・・・サバ。
でもって、バラシした。
一往復半ほどこの場所で粘るも、最初のサバのヒットの他はアタリなし。
もうちょっと粘りたい感じの場所ではあるんだけど、やはり浅いのと、沖での大きなブレイクが気になった。かなり後ろ髪を引かれつつ移動。

潮が引ききる前に、もうちょっと先のほうのポイントもチェックしておこうと出発。
こっちの方面は人が数名入っている。でも、私的にはあまり良さそうな感じでもない。
しかし、心配性の私はやはり数ヶ所叩いてしまう。
そんなこんなで潮がほぼ引ききり干潮寸前。

3のポイントまで戻る。
そこで目にしたのは離岸流。それでルアーの引き抵抗の変化が大きかったのか。
やけに強い流れだな〜としか思わなかった。移動して失敗したかも・・。
離岸流の下は深く掘れている。いまだにガンガン流れているが、さすがにここにはいないだろうと探りは数投のみ。
その後、岸と平行に走るひざ上サイズのスリットを一本越え、海底がほぼ露出した場所に立ち、波の中に離岸流が突っ込んでいる周辺を広く叩く。
ルアー着水と同時に水面を割って出た魚。派手な喰い方。遠くて判別できないがフッコと信じ込んでファイト開始。でも、小さめのフッコにしてはやたらと引く。スレかもと思い慎重にヤリトリしながらも、頭の中をよぎる2・文・字。
いや、そんなことはあるまい。
が、姿を現したのはカタカナ2文字のアイツ。「サバ」。
ヒットルアーはザブラシステムミノー139F(ローリングフラッシャー)。
結局、また、サバか。