7/8
内房漁港
-TARGET-
メバル
7月のメバル狙いは初めての気がする。
短時間勝負だけどラインを巻きかえて、そこそこ真面目に狙ってみましょう。ただし、目標は15upとハードルを低く設定・・。
私の定番のスクリューテールをビークヘッドにセット。ビークヘッドは前回使ったもの。ケチっぽいけど、フックポイントをチェックしたらビンビンだったからOKでしょう。
数投したところで漁船のスクリューのアタリでヒット。1匹目は14cm。
「よしよし、これはいい感じかも。」と思ったものの、後が続かない。
移動を繰り返し、なんとか群れを発見。へチから少し離れた明るい場所で頻繁にバイトがある。ここで13、12cmをゲット。すこぶる高活性。本当はへチに付いていて、ルアーを発見するとへチから離れて我先にアタックするのだろう。
同じ場所で何度もあたるが、魚が小さいのかフックアップはしない。再び移動して11cmゲット。
1cmずつ綺麗にサイズダウン・・。
そこで、ハードルアーを登場させる。ワンダー45・スプーンと繰り出すもバイトすらなし。
1時間半で終了としました。
南房サーフ
-TARGET-
シーバス
マゴチ
一路、南房サーフへ。
マズメまで時間がないので、アクセルを踏む右足に力が入る。
今日はあまり釣れる気がしないが、水温は少しは上がっているみたいだから頑張ってなんとか今季初マゴチを!。
波1.5mの予報なのだが、少し遠くに白いラインが現れては消え・・。ブレイクラインが・・。
波足は長くはないので気にせず行きましょう。払い出しを中心に叩いてのランガン。どこもパッとしないのは、海底の変化をあまり感じられないからか。
薄っすらと明るくなり海の様子が分かるようになると、初め感じていたのとは違っていい感じの海。シーバス日和。ヒラメにもいい感じ!マゴチには・・。

波が立ち、そして崩れ、サラシが広がる。サラシている場所は幾つかあるが、ここはどうも雰囲気が違う。しかしノーバイト。移動した後も気になって仕方ない。戻ることに。
綺麗にサーっとサラシが広がる。シーバスはカケアガリか?それともサラシの下か?カケアガリの向こうへルアーをキャストして、カケアガリそしてサラシの下をスイスイとルアーを泳がす。反応はない。そこでサラシの際を攻めることに。
すると、ガツン!と強い手応えと同時にロッドが絞り込まれる。
重い。ドラグが効きラインが出される。
無理に寄せずに、ラインテンションを一定に保ちながら手前に動いた分だけラインを回収。前に後ろに右に左に移動しながら、なんとか波打ち際まで寄せてきた。
ランディングの機会を伺う。安全策としてナイロンラインの伸びをクッションに利用している。その分、ラインを多目に出しているので、私の立ち位置は波打ち際からかなりうしろ。波に乗せ、地面に魚のウエイトがのったのを確認してからダッシュ。
波にさわられないようにインサイドキック。リーダーを掴んで安全な場所へ。
グッドサイズだ。スズキ76cm。ヒットルアーはZBLシステムミノー139F。


しばらく同所で粘るも反応なし。固執するほどの場所ではなさそうなのでランガン再開。








リールを巻く手が止まるくらいの流れを発見。離岸流か?。ここも明らかに周囲とは雰囲気が違うのだが、地形の変化・流れの向きが読みにくい。
流れの中を攻めた後、ルアーにあまり抵抗がかからない流れの際を攻め続ける。ココンとアタリ。ヒットも直ぐバレる。そんなことを何度が繰り返す。
やっとゲットは・・イシモチ33cm。エサでも釣ったことのないグッドサイズ。九十九里にイシモチを釣りに行っていたあの頃の記憶が蘇り・・はしなかった。

同じ場所を攻めると、ガツン!と強い手応えと同時にロッドが絞り込まれる。
シーバスがまた廻ってきたか!?波打ち際まで寄せると何か軽い感じが・・。もしやヤツか・・はビンゴでサバ。40cmクラスのグッドサイズ。引くはずだ。

潮位が下がったことで、このポイントの状況がやっとはっきりと分かった。離岸流が私の左側からやや斜め右に向いて発生している。その右3、40m位の所にも規模の小さい離岸流があり、これはやや斜め左に払い出している。二つの離岸流は交わることはなく、間隔が15m位に狭まったあたりでブレイクする波の威力と相殺されているよう。その辺りがヨレている。そのヨレの周辺がどうもポイントのよう。イシモチもサバも思えばその辺りで喰ってきている。

狙いを定め、キャストを繰り返すと、コンコンッコンコンッとあたるがフックアップしない。
またイシモチ?と思いきや、ゲットはショゴ

波打ち際をベイトフィッシュが逃げ惑う。キャストするが反応なし。それでもまだベイトフィッシュが波打ち際に追いやられている。
お〜・・・、背びれが見える。スズキか?
キャスト、キャスト、キャストもノーバイト。
また、狙いを沖のヨレに定め、キャストを繰り返すとヒット!これは良型のマゴチっぽい。初マゴチが良型とは幸先いいぞ。
でもってゲットは・・クロダイ47cm
先ほどの背びれはクロダイのものだったのか!?


しばらくノーバイトが続く。もう時合は過ぎたのだろうか?
それでも今日はマゴチが釣りたい。
クロダイを釣った後、ヒラメスペシャル125Fで底付近をスローに攻める続けている。
狙いはマゴチオンリー。どうしても釣りたい。




手前のカケアガリでククっとバイト。アワセるとルアーがすっ飛んできた。
すぐにキャストすると、またしてもバイト。今度は優しくアワセてゲットはワカシ

マゴチはいないのか?攻めたかったポイントが空いたので移動。しかし、既にここは浅すぎるか・・。
もとのポイントに戻るが、やはりもう、ルアーが底を擦っている。
そろそろ潮時、帰ろうかと思った頃、風向きが変わり向かい風に。向かい風に変わったのを契機に美味しい思いをしたことが過去に何度かある。もしやチャンス!?
波もすこし厚くなってきている。一番深そうな場所を狙ってキャスト&スローリトリーブ。
コツンッとヒットは20mほど先。アワセた瞬間にシッポが見えた。あのシッポは間違えなくあいつだ。
マゴチ34cm
粘りに粘って獲った一匹。サイズは小さいけど、もの凄く嬉しかった。