7/22
南房サーフ
-TARGET-
シーバス
マゴチ
霧が立ちこめる。深い深い霧。
常用薄明の時刻を過ぎても、明るくなる気配はない。
ウネリが入っているのか、長い波足。いつも通りの立ち位置だと、たまに腰のあたりまで波が這い上がってくる。
海草&ゴミが毎回ルアーに絡み付き、リトリーブの半分以上は無駄になる状況。
これには気が滅入る。それでも、
「キャスト → リトリーブ → 海草orゴミがフッキング → ルアー回収 → ゴミ取り → キャスト」
のサイクルにもすぐに慣れた。

キャストを繰り返す。30分程経ったが、まだまだ明るくなる気配はない。
ずっとチャートカラーを投げ続けている。
最近お気に入りのZBLシステムミノー139Fにチェンジしようと思うも、3本フックはやはり2本フックよりゴミを1.5倍引っ掛けそうな気がして・・。アローヘッドの赤金へチェンジしてランガンしていると、3投に1投はゴミを掛けることなくクリーンにルアーが泳ぐ場所があった。
ポイントとしては周囲より少し掘れていて波が立ちにくく、海底も小さいながらも起伏に富んでいるよう。悪くは無い。良くもないけど。
ZBL139Fにチェンジしてキャスト。リールを変えたこともあるが、意識してスローに引く。今の時間帯、狙いはスズキだ。
ググっときたのは海草か?。いや、ラインを通じて伝わる生命反応。ヒット!。フッコ?マゴチ?それともリトルエイ?鈍重なファイト。波打ち際で重くなる。あれれ。もしや?・・ヒラメ44cm
この時期のヒラメは・・。

やっとマズメらしい明るさになってきた。
海には濁りが入っている。悪い感じの濁りではない。アピールさせようとサスケ技力のヒラメチャートにルアーチェンジ。このカラーは本当に目立つ。もちろん、人間が見てだけど・・。
ランガンして良さそうなポイントを重点的に攻めていると、右側に一筋の流れが沖に向かっている。幅40cm程か?離岸流にしては小規模だなと思うも気になる。キャストするとそれ程の抵抗はない。なんだろ?それでいて流れはずーっと同じ場所。
沖のカケアガリでブレイクする波とその流れが交錯する場所がギリギリルアーの射程範囲内。移動して爆撃することに。
サスケ技力では届かないので、ヒラメミノー125Fにチェンジ。カラーはヒラメゴールド。
キャストを繰り返すと、きたきた生命反応!。
ガツンッと重量感タップリ。グッドファイトはシーバス?マゴチ?ヒラメ?
リーダーを掴む手に力が入る。重量感タップリのなかなかの大物はマゴチ54cm
画像は迫力不足か?。実物はなかなかの迫力だった。
ランガンしたあと、マゴチのヒットポイントに戻る。
潮位が下がるにつれてルアーの引き抵抗がどんどん強くなる。やはり離岸流。表層よりも下の流れが相当強いようだ。そして、この一帯は先ほどより広範囲でヨレている。これはイタダキ♪。オイシイ状況♪。
攻め続けるとヒット。マゴチ40.5cm
2,3投目に続けてヒットはマゴチ47cm。これは流れの中にいたよう。また、すぐにヒットするもこれはフックアップしなかった。
まだまだいけそうだが・・時間切れ。終了。

コチっぽいアタリは他に2回。小さい青物系と思われるアタリが数回。このまま頑張ればマゴチはまだまだ釣れたはず。でも、できればスズキが釣りたかった。釣れてれば砂物グランドスラムだったのに・・。
そんな贅沢なことを思いつつも、今日は大満足。
海に感謝。