>> FISHING REPORT 2005
9/20 南房サーフ
2ヶ月ぶりの南房サーフ。私にとっては真の復帰戦だ。
今日の狙いは砂物三種だが、メインターゲットはヒラメ。水温も何とか許容範囲だろう。
しかし、海の状況がよくない。
幾つか通過した台風の影響か、遠浅サーフが急深サーフのような表情をしている。そして濁り。
どうしてもポイントが絞れない。払い出ししかポイント選択の判断基準がない。
仕方ない。効率は悪いけど、比較的規模の大きい払い出しを中心にランガンで叩いて行きますか。
しばらく進むと左から右への流れがある場所がある。もしやと思いさらに右へ進むと規模の大きい払い出しがあった。ここは周辺の場所と比べても少しは変化がありそう。しかし、海草地帯だった。

こうもポイントが絞れないと釣れる気がしない。
もはや潮が下げ始めるのを待つしかなさそうだ。

下げ待ち。

下げればポイント判断も付くはず。しかし、こんな時に限って潮はなかなか下げに入ってくれない。
これでは下げに入る前に私の体力がエンプティーになりそうだ。
カラータイマーはピコン♪ピコン♪音を立てている・・・・。

やっと下げ始めた。
しかし、期待とは裏腹に、濁りが凝縮されたような状態になってしまった。沖で立つ波もサイズダウンはしない。それでも下のポイントで粘る。ここは朝一で見つけた良さそうなポイントの内のひとつ。

魚が入っていれば潮も動き出したし反応があるはずだが、反応は無い。
この状況では新たな魚は入ってきそうもない。
しばらく粘って撤収。

今日は久しぶりのサーフだったし、台風後の状況が解っただけよしとしよう。