>> FISHING REPORT 2005
9/23 南房サーフ
内房でフッコを2匹釣った後、一路南房へ。
ラインシステムを組み直し、ルアーをサーフ用に入れ替える。
リーダーの先に結ぶのは頂き物のダイワのSL14(A−7)。今年の南房サーフでのシーバス爆釣ルアーらしい。前回ボーズだったから、送り主の釣運にあやかりたいところ。

休日だけあって、暗闇の中に微かに人の姿が見える。
これは早めにいいポイントを発見して陣取るしかなさそうだ。
とりあえずよさそうな感じのポイント(B)でキャストを繰り返す。ヨブ・潮の流れ共にさほど変化は強くないが、トータルで見るとソコソコのポイントに思えた。
少しずつ水平移動しながらキャストを繰り返す。しばらくすると、着水してリールを4、5回巻いたアタリでガツンッときた。アワセを入れた手応えが重い。どうやらグッドサイズのよう。
ズッシリとロッドにウェイトが乗ったし大丈夫だとは思うけど、もう一発アワセを入れておく。
ラインの先に直接魚が付いていると感じる手応えの時はあまりバラシたことはない。バラスのはファイトしているのにラインの先にルアーを感じる時が多い。このシーバスは大丈夫のはず。
まだ少し暗いこともあって、2回ほどランディングに失敗するも3回目で成功。
スズキ72cm
。夏と冬の間の体型。ズッシリと重かった。


さて、キャストを再開しようとすると私の入るスペースはないようで・・。

大きく移動。そこそこのエリア(B-)の左端から叩いていく。一匹目が40m程先でのヒットだったから飛距離を優先してSL14を使い続けているが、ここはそれより手前の地点のほうが水面がザワ付いていてよさそうだ。なんとなくヒラメがでそうなポイント。そんなわけでサスケ技力にチェンジ。
フルキャスト、そして、リトリーブ。

着水と同時に「コッ」っと軽い手応え。リトリーブを開始すると「ココッ」とまたきた。ショゴがじゃれついてる?
次きたらアワセようと決めた途端に「ココッ」っきたのでアワセを入れる。「のった?」。半信半疑。
かなり怖いけど、このままバラスよりはましとラインスラッグを極力なくしてもう一発アワセを入れる。手応えがあった。
「よし。」と思うも先程の魚と違って手応えが悪い。勇気を出してもう一発アワセを入れる。慎重に寄せるとフッコ53cm

さあ、まだそんなに時間は経ってない。狙うはグランドスラム。先ずはヒラメ狙いだ。B+位のエリアで粘るもアタリすらなし。その後、マゴチ狙いも外してこちらもノ−バイト。
もしかして、底物運がなくなってきたのだろうか?