>> FISHING REPORT 2005
10/7 南房サーフ
サーフの前にメバルもと思っていたが時間が中途半端。眠いしここは仮眠Zzzz...。
目が覚めたら東の空が明るくなり始めていた。
ラインシステムをまだ組んでいない。急いで組むも○回も失敗した。焦りすぎ。。
そんなこんなで明るくなったサーフに到着。

波の音が聞こえないので心配していた。ビンゴでベタ凪。スズキ狙いのチャンスタイムは30分位か?
陸側の地形的変化が大きい場所を叩いていく。暫し進むとブレイクしない波が立つエリア(C)があった。波高15cm位?。波というよりは海面が盛り上がっては消え盛り上がっては消えの繰り返し。ベタ凪の海でコレだけ変化があるなら、きっと海底は起伏に富んでいるはず。とりあえずここで勝負。
SL14をミディアムスピードで引くが何も起こらない。

ランガン部隊が徐々に近づいてくる。
「どうしよう?」。悩むが考えている時間はない。近づいてくるのと反対方向にパッと見てよさそうなポイントが2ヶ所ある。ポイントが絞りきれない凪の状況では貴重なポイント。この後はヒラメ狙いのつもりだけに、出来ることならば先に叩かれたくない。ここはバージン・ポイントを優先。ヒラメ狙いに切り替えよう。
やや移動。
最後の上げ潮タイムらしく、少しだけ波が立ち始めたので発見できたポイントは幅20m位のエリア(C+)。ここは小さな波でもたまにサラシが発生する。残念なのは潮の流れがほとんどないこと。
少し急ぎながら探るもノーバイト。同じような次のポイントでもノーバイト。

周囲は既に明るくなっているのだが海が暗い。緑色?。変な濁りが入ってる。
ここのところ降っていた雨のせいか?。ハア〜、気合が入らない・・。
その後、マゴチ狙いで広く探るも、こちらもノーバイトで終了。

海は今まさに秋。砂物グランドスラムを狙えるグッドシーズン。
もう少し頑張ろう。