>> FISHING REPORT 2005
11/2 南房漁港
ここのところのメバル狙いはすべて内房。南房はどんなもんでしょう?
そういうワケで、メバルポイントの新規開拓を兼ね、今回は南房漁港をランガン。

去年少し通った漁港で始めるもアタリすらない。漁港内で小魚が逃げ惑っているのだが、私の投げるルアーには反応しない。なんとかゲットしたしたものの、どうやら追っかけていたほうではなく、逃げ回っていたベイトフィッシュのよう。
ネンブツダイをゲット。久しぶりに釣った。
ソフトルアーはダイワのカーリービーム。ジグヘッドにセットしちゃえばとてもいい感じなんだけど、セットしにくいのが難点だ。
反対側へ移動。中サイズが付いていることの多いポイントへキャストするとヒット。17cm。こちらもカーリービーム。
もの凄く抵抗するので、てっきり20UPだと思っていた。
その後、近くで15cmを追加した後、何やら漁港が騒がしくなってきたので移動。

何箇所か周るもどうなのかな?
どこも数釣りとは無縁の大物の回遊待ち一発勝負って感じ?に思えました。
通うかどうかは微妙・・。

□ 南房サーフ ■□□
メインはシーバス&ヒラメ。
海はベタ凪。シーバスはチャンス薄か?ポイントも絞リ込めないし。
凪だとシーバスの回遊ルートが分かりにくい。手前に寄っていることもあれば遠くでしか釣れないこともある。カッ飛びのSL14をフルキャストし、スロー気味に引いてくるがノーバイト。

早めにヒラメ狙いオンリーに切り替え。
ポイントの判別はつかないが、何となくよさそうな雰囲気のするエリア(c-)に陣取る。
ルアーをローテーションさせながらアタリを待つが、うんともすんとも言わない。それでも粘る。理由はベイトフィッシュ。ルアーを泳がすとコッ・コッっと時々ベイトにあたる。何度かフックに引っ掛かるが、サイズは8cm程。その一帯をユックリと一往復するもノーバイト。さらに粘るかどうか暫し思案。潮の流れがないこの場所に新たな魚が入ってくる確率は低いと考え、移動を決意。

何となく見た目、右から左へ潮が流れているような気がするポイント(c+)へキャスト。正面方向から右へ10度位の角度で投げたルアーが回収する時には正面から戻ってくる。微妙〜な流れ。そんな緩い潮の流れも、右に移動するにしたがって気持ち少しだけ強くなっているよう。
カニ歩きキャストしつつ周りを観察していると、ヨブとまではいかないが右側に少し変化が強そうなエリアがある。移動してキャストした瞬間、やや左でヒラメが飛んだ。
あのシルエット&カラーは間違いなくヒラメ。50cmクラスだ。
私のやる気が30%から100%にアップ↑。急いでルアーを回収し、やや左にルアーをキャスト。
神経を集中させてリトリーブするが、空振り。確認したベイトの大きさに比べ、ヒラメミノー125Fではやはり大きいのか?手持ちで一番小さいルアーはザブラ11F。メタルジグかローリングベイトでもあれば・・。
無い物は仕方ない。しつこく投げていれば喰い付くと信じて投げ続けるが反応なし。
どっちかに移動したのか?。左に小移動してキャストするも、こっちではない気がするので早々に右に移動。やはり右側でビンゴだった。
 
数投後、リールのハンドルが10回転したあたりでガツンっとヒット!
地面にへばりつこうとしているようで抵抗させるが、浮かせた後は比較的すんなりと寄ってきた。後はマゴチやスレ掛りしたフッコに化けないことを祈るだけだが・・。
波が引き、姿を現したのはヒラメ50cm。ヒットルアーはヒラメミノー125F。
ライズしたヒラメと同じヤツかは分からないけどね。

その後、アタリ2回。
1回目はクンクンと軽い手応えのみでフックアップせず。ソゲかチビマゴチ?気にしない。
2回目はアワセ切れ・・。メインラインから切れてた。釣った後、ちゃんとチェックしたんだけどな〜。