>> FISHING REPORT 2005
11/18 南房サーフのち外房サーフ
□ 南房サーフ ■□□
ヒット!何だ?ヒラメっぽいぞ。あれ、今のはエラ洗い?それじゃシーバス?横に走りだしたけど何か変。シーバスのスレ?お〜やっぱヒラメだ。リーダー掴んでランディング成功。
でも、口が無い。形も変。巨大舌平目?

エイ様の左翼にフックが掛かってただけだった。

浅い場所だから今まで少し水に浸かってたけど、波打ち際まで後退。しばらくして車まで後退。
釣れる気がしない。時速○○○kmでかっ飛ばして次なる場所へ。

大入り満員。マジで?平日なんだけど・・。
とりあえず1人分のスペースが空いていたのでそこに入る。
右の人のポイントをみるとよさそうだ。左の人のポイントを見ると、そこもよさそうだ。私の前は・・。他人のポイントはよく見える?。とりあえずこれだけ波立ってればスズキ様がまだ回遊してくるかもしれないので、ここで粘ることにしよう。・・・・不発。

ならばヒラメ狙いに。私の両隣もいなくなったので、このエリア(B-)が今貸切状態。
底荒れしているのが気がかりだけど、このくらいなら凪よりはマシと丁寧に探って行くがノーバイト。
移動しようと思うも、そうなるとかなり歩かなければならない。ここは貴重な残り少ないマズメ時間を優先して、もう一度ルアーをチェンジし、攻めるレンジを変えて探ることに。
でも、横着だったな。潮がそれほど流れてない場所だから、移動すべきだったか・・。

ランガン開始。手遅れの気もしなくはないが・・。

随分と遠くまできたが、本日1番のポイントを発見。
かなり良さそうだけど、、荒れ気味だから美味しく見える状態はほんのチョット。美味しく見える状態の時はヨレあり流れありで、そのヨレが遠いことを覗けばB〜B+クラスのポイント。
もう少し波のパワーが無ければこれは頂きって雰囲気のポイントなんだけど、波が寄せるとヨレも流れも関係ないとばかりに荒れてしまう。半分以上の時間は凪待ち状態。
とり合えずポイントのど真ん中に陣取って一投目。フルキャストしたヒラメスペシャル125Fがギリギリ波頭の向こう側へ。リトリーブ開始と同時に即ヒット!
頬が緩むが手応えは軽い。途中から凧揚げ状態になったのはソゲ32cm。
「お〜、このエリアは魚が入ってるよ。」
期待して探るが・・・・

移動してサギという魚をゲット。
ゴンズイそっくりの模様にビビリながらフックを外してお引取りしていただいた。

1時間後、ソゲをゲットしたポイントに戻ると、下げ潮のおかげか波が少しサイズダウンしている。
最後はここで心中と決め、もう一度丹念に攻めることに。
するとガツンと波打ち際できた。ドラグも鳴っている。
このヘッドバンキング系の引きはマゴチ。それも首振りダンスだけでドラグを鳴らすとは、ビッグサイズ間違いなし!

しかし・・、しかし・・・・バラシた。

朝から続くウネリ&底荒れ気味のせいで、手前に魚が入っている気がしなかったから狙いは始めからず〜っと沖目。波も高いしロッドは立てていた。波が収まってきているのに、ルアーが近くまで来ていてもロッドを立てたままだった。これが悪かった。アワセに力が入らなかった。

帰り道は距離以上に・・・・遠く感じた。


□ 外房サーフ ■□□
夕マズメはなんとなく外房へ。
こっちのほうが朝に入ったサーフより荒れている。引き波パワーも強く、払い出しには立てない。
ポイントも判別できる状態ではないので、払い出しの周りを叩きながら、前回来た時の記憶を頼りに流れ込みのあったほうへ移動。
しかし流れ込みはクローズド。ベイトっ気も無し。
サーフの50%ほどランガンで探り、ナントか流れの強い場所を見つけ出して粘るもノーバイト。

今季中には、外房でも何とか一枚または一本獲りたい。