>> FISHING REPORT 2005
12/21 
□□■ 内房 □
バイト。けど、フックアップせず。たまにフックアップしても途中で・・。
サイズは極小〜中といったところ。海の中のメバル一家は、極小5・小4・中1くらいの構成か。
これはシブイんだろうと思うも、ワームを短く切るのは趣味ではないし、スプリットショットに変更するには寒すぎて手先が・・。不真面目と言われればその通りですが・・。
シラスヘッドにストローテールのパールホワイト系で始めていたので、今季お気に入りのブルースコードにチェンジ。すると、ゲットは16cm程。しかし、こいつでも何匹かバラシてる。カラーが合ってないのだろうと思うも、スプーンにチェンジ・・。一番反応が悪かった。
ソフトルアーに再び戻り、赤ラメカラーにチェンジすると一発でヒット&ゲットはこれも16cmほど。やっぱカラーだったかと思うも、そうではなかったよう。反応はなくなった。
ルアーチェンジに反応するも、すぐに沈黙。その反応もどんどん鈍くなっていく。玉砕コースまっしぐら!!

本日は〜16cmが6匹。
水温低下の影響か、とにかく反応が鈍かった。

□□■ 南房サーフ □
暗闇の中、サーフに立つと、波は高くないがうねりが入っていて波足が長い。
これは多分、今までの天気から推測するに濁りが強いだろうと思うもまだ分からない。
とにかく今日はまとまりのない荒れ方。一言で表現するとグチャグチャ。
波足が長くて釣りにくいが、今は上げ潮。上げが一段落すれば少しはよくなるだろうとキャストを続ける。
一際バンピーなエリア(B+)。少し右にずれると左から右に向かって強い流れがある。やや左にはヨレがあるが、残念ながらルアーが届く距離ではない・・。

凪いだ時の波の様子
このエリアを一通り大雑把に攻めた後、流れの始まりの場所まで戻り、流れのないほうへキャスト。それでもルアーは、波に翻弄されて右に行ったり左に行ったり。それが美味しそうに見えたのか、ヒット!。
グイ・ググッっと生命反応があった後、沈黙。
手応えからしてソコソコのサイズのはずなのだが、比較的すんなりと手前まで寄ってきた。スズキっぽいが座布団ヒラメの感じがしないこともない。9:1位か?できることなら「1」の方の座布団ヒラメの方が・・などと思っていると・・。
波打ち際から抵抗が始まった。ドラグを鳴らしながらの抵抗。今まで余裕かまされてたワケか・・。
何度か波に乗せるも、まだ、薄暗いから魚の姿が見えない。あれかな?って思うときはあるが、ダッシュして駆け寄るほどの確信は持てない。バラシたくないし。
今までで一番手前まで寄せた時に勝負。足を止めて引き波を堪える。横たわったのはスズキ82cm。ヒットルアーはSL14。真ん中のフックがガッチリと口元に掛かっていた。
 
その後、潮が急激に上げ始めた。波高もうねりも強くなる一方。
引き波にリトリーブを止めて踏ん張ること数回。
底荒れしてるし濁ってるし、ヒラメはいないね。そう確信して早々に撤退。
今日は釣れたから嬉しいけど、やはり、年内に釣れなくてもいいからグッド・コンディションの時に一度はロッドを振りたい。