>> FISHING REPORT 2006
1/6 南房サーフ
釣り始め候補地は2ヶ所。両方とも南房サーフ。
ヒラメにするかスズキにするかで場所が変わってくる。とりあえずどっちにでも行けるルートで出発。好調なスズキが手堅いが、前日の雪で水温が下がったのが気がかり。意外とパッタリ回遊がなくなったりするし・・。ならば、一発勝負の南房産寒ビラメ狙いも今年の開幕戦にふさわしいかも・・などなど、一人車内協議の結果、スズキメインで行くことに決定。

現地着。
ほぼベタ凪。釣りやすいけど、ちょっと寂しい。最近、どうも海況に関して愚痴が多いような・・。

前回釣り上げたエリアがやはり一番変化が大きい。凪の状況でも、魚が付いてもおかしくない払い出しが形成されている。この払い出しのど真ん中に陣取ってキャストを続ける。
凪だけに、日が昇りきる前が勝負なのだが・・痛恨のノーバイト。
しかし、まだまだツキは我にあり!?。潮が上げ始め、少しながら波が立ち始めた。海も濁っていていい感じ。これはまだまだ日が昇ってもチャンスはありそうだ。

少し移動。沖に瀬があり、手前がサラシている。でも、いかんせんルアーが届かない。
それでも、サラシの手前側も変化がありそうだし、手前までスズキが寄ってくる可能性はあるはずと信じてキャストするがノーバイト。瀬と瀬の間も攻めるがノーバイト。

長居は無用。

元の払い出しに戻ると、やはりこの払い出しは本物だったようでいい感じだ。攻め続けるがノーバイト。
さあ、考え所だ。いいポイント(B)だけど、今日は全体的に潮の流れがない。それに出来ればヒラメも・・との浮気心もあるから移動かな〜っと考え始め、キョロキョロあたりを見回すと、左20m位の所の水面がザワ付いている。ベイトフィッシュ?
そうだとすると、シャローにある小さなワンドに避難している?・・ということは、周りにフィッシュイーターがいる!?・・扇状にキャスト。5投目、右斜め15度位にキャストしたルアーにクッククッと軽い手応えが・・。どうしましょう。次のココッで意を決して大アワセ。フックアップ!
右にロッドを倒して寄せに掛かるが反抗的。左にドラグを鳴らして走る。ソコソコのサイズだ。左に移動しながらロッドを左に倒して応戦。少し大きめの波に乗せてランディングを試みる。しかし、最後の抵抗。魚が頑なに拒否。引き波に合わせて走り出した。ドラグ音が心地よい。
だが、これが最後の抵抗だった。再び寄せて波に乗せると、抵抗する体力は残ってなかったよう。
スズキ75cm。

ヒットルアーは
・・「なんだ、スズキだけ狙ってたんじゃないのかよ!」と言われそうな・・
ヒラメスペシャル125F。

一匹釣れば満足だけど、とりあえずもう一匹を狙って少しだけ同エリアでキャストするもノーバイト。
ならばと、100%ヒラメ狙いに切り替えてポイント移動。
サブラ139Fにチェンジし、ロッドを立てて出来るだけスローに根際を通す。
コッっとあたるのは根だからアワセない。

アワセナイハズダッタノダガ・・

キョロキョロとポイトを探しながらキャストしていたらか、一連の動作を普段のようにしていたよう。
そんなもんで、思いっきりアワセちまった。。
グッバイ、ザブラ。
去年の7月8日、76cmのスズキを魅了してくれた君の活躍に感謝します。