>> FISHING REPORT 2006
2/2 南房漁港
車検明けの車のアクセル全開。高速をかっ飛ばして一路南房へ。
ぎりぎり夕マズメに間に合ったが、見てビックリの激濁りの漁港。移動するもこちらの漁港も濁り強し。外海のウネリが影響しているようだ。こういう場合はきっと、いつも潮が澄んでいる漁港がいいだろうと考えて移動。ビンゴでした。いい感じの濁り具合。やっと釣りが出来そうで一安心。

ほぼ満潮。まだ少し上げ潮が効いているのか?いないのか?、そんな微妙な状況で30分程悪戦苦闘。やっとゲットは16cm。シラスヘッド+ストローテールグラブのセットで。その後はアタリが小さくてフックアップに持ち込めない。リグを軽くしたいところだけど、向かい風だけにそれではポイントに届かない。
ポイントを少し休ませて19cmを追加。
よし、これならなんとかなるぞと思った矢先、車のヘッドライトがポイント一帯を照らす。このライトの前で漁師の作業が始まった。どうやら網を修理しているよう。当然のことながらアタリはピタっと無くなった。勘弁して欲しいけど・・仕方がない。

他のポイントを探るが反応なし。作業の終了待ち。

やっと静寂な漁港に戻った。
しかし時既に遅し。完全な潮止まり。活性が下がってしまったからだろうけど、ルアーを追っている気配は全くない。鼻先にルアーを通してやらないと突っつきもしない感じ。それでもストラクチャーをタイトに攻め、何とかゲットは19.7cmシラスヘッド+グラスミノーSのセットで。ラインが出たから期待したんだけど、ドラグ設定が緩かった&魚付いたまま根掛りだったみたい。

それではと、この近くに潜んでいるかもしれない本物の20UPを引っ張り出すべく、スプーン・シンキングペンシルと繰り出すも不発に終わる。完全なるノーバイト。ソフトルアーに戻し、この日最後となる18cmを追加して終了としました。

実釣2時間。結果、16〜19.7cmを4匹。アタリはほんの少々。
潮が下げ出せばきっとメバルの活性は上がるだろうけど、本日は戦意喪失・・。
一応、内房シーバスの準備もしてきたので、メバルの部は終了としました。