>> FISHING REPORT 2006
3/5 内 房
1月〜3月は毎年、何を釣ろうか考えちゃいますね。
本日の釣行予定は、内房メバル→内房シーバス→南房メバル(→南房サーフ)。
メインは内房シーバスと南房メバルのつもり。サーフは不確定、体力的にツライかも。
 
内房メバル
たまにコッっとくるのは明らかに小メバル。今日もいないのか・・。こんな日は、風もより一層冷たく感じる。
そんな時に「グッ!」と手応えあり。根掛り?ジジっとドラグ音も聞こえるが魚は寄っている。
シーバス?そんな感じじゃない。ということは”あれ”しかないでしょう、「良型メバル!?」。
あ〜、でもナンカ細長い。メバルじゃないのか?、ライトで照らすと・・・・アイナメ25cm

実釣1時間半、本命のメバルは10cmチョットのが1匹だけ。バイトも2回だけだったような。ショボショボ。

内房シーバスは寒いのと眠いのと頭痛とノーバイトに耐えかねて早々に撤収。

南 房
南房メバル
保田にあるばんやの湯で暖まろうと思ったが、眠さが勝った。仮眠Zzzz...
チョット寝すぎた。移動して午前3時頃から南房メバルスタート。
アタリがあるのはへチだけ。あまり好きな攻め方じゃないリフト&フォールで誘うが無視される。へチ沿いにキャスト&リトリーブしても無視される。テクトロも駄目。バイトがあるのは沖にキャストしてへチに近づいたときだけ。でも、フックアップはしない・・。
私の場合、こういう場合の作戦は・・・・現実逃避、気にしない。。

シラスヘッド+ストローテールグラブで底のズル引き。
「ん・・?、ン・・?。今あたったか?」風が強くて分かり難い。アワセるタイミングを逃した。最近、南房にメバルを狙いに来るといつも強風のような気が・・。そんなことを思いながら再びキャスト。今度はアワセを入れるタイミングが悪かったようでフックアップせず。同じ場所にキャストするも反応なし。”必要以上におもいっきり”アワセてしまったせいで、魚が警戒してしまったようだ・・。

少しポイントを休ませて再チャレンジ。

学習することなく?懲りずにバシっとアワセを入れると今度はフックアップ!これは20UPあるだろう!。ぶち抜いてサイズを測ると・・20cmチョット。今季初の20UP。もう少し大きいと思ったんだけどな〜。

その後は更に風が強くなり、アタリが分かり難くなる。
へチでのアタリにルアーを少し送り込んでバシっとアワセを入れるとフックアップ。
「よし、やっとへチに付いてるメバルが釣れた!」と思ったのだが・・空中でポロっと。カツオの一本釣りのように見事にフックが外れた。自分より前で・・。「ポチャン♪」と無常の音が、私の鼓膜を振わせた。

さてさて、本当に風が強まってきた。ジグヘッドを重くするか、それともシンキングペンシルにするか考えてシンキングペンシルにチェンジ。それも手持ちで一番重いのをチョイス。広く探るがアタリはなし。
風が収まった一瞬を狙ってロープ沿いに軽くキャスト。微妙な位置に落ちた。すぐに根掛りのようにリールのハンドルを回す手応えが重くなった。

ロープに引っ掛かった?  それともバイト?

ソフトルアーなら迷わずバシっとアワセるんだけど、これはハードルアー。それも今はどうも売ってないと思われるお気に入りのルアーだけに一瞬躊躇したが、心を鬼にして?バシっとアワセた。

今季最大となる21cmゲット。
ルアーは上州屋系シンキングペンシル S.M.Silent 44 のレッドフックチューン
もう少しサイズはあると思ったけど、いいコンディションのメバルだったから十分満足。

その後、やけに早く漁船の準備?が始ったので終了。
内房と同じくこちらも実釣1時間半。15〜21cmが4匹でした。


南房サーフ
さてと、他の漁港に移動してメバルを再び狙うか、それともサーフにするか。はたまた帰るか。
長めの仮眠のおかげで体調もよくなったことだし、一路サーフへ。

狙いは・・・・時期的に特になし。
しいて挙げればフッコにヒラメだけど、久しぶりにサーフでロッドを振りたかっただけ。いろんなこと書いてるけど、私は釣果よりもシチュエーション優先主義。誰もいないサーフが一番好き。この日は休日とはいえ、時期外れのはずなのに意外とたくさん人がいたけど・・。

結果は、そんなに状況は悪くなかったけどノーバイト。
波の音にトランスしていたら、いつのまにか頭痛も治ってた。1/f のゆらぎのせい?不思議だね。