>> FISHING REPORT 2006
4/1 南房サーフ
メバル狙いは上げ潮なら間違いないと思っていた漁港にて敗北。傷心の私は一路サーフへ。

ウネリ&海藻攻撃で移動必死だろうとの予想も、意外や意外にも釣りやすい。
とりあえずはまだ薄暗いからシーバス狙い。SL14をリーダーの先に結んでランガン開始。

移動する払い出しに合わせて右に移動していると、払い出しの移動がある地点で止まった。ルアーの引き抵抗に変化はなさそうだけど、SL14では探れない底付近は流れが強いかも知れない。暫しそこで粘ってみるがノーバイト。右に見える傾斜が急なカケアガリが原因と思われるサラシが気になって移動。でも駄目。ただサラシているだけで粘る価値はなさそうだ。さらに移動しつつ同じような払い出しを叩いていく。やや強い流れも絡んだサラシ場(B)を発見。潮も上げてきていい感じに波立ってきたけどノーバイト。

スズキサイズは諦めて、フッコ&ヒラメ狙いに切り替える。ルアーもヒラメスペシャル125Fにチェンジ。潮の流れも加わった場所(B+)を発見して攻めるがノーバイト。周囲が明るくなって気付いたのが・・底荒れ+濁りの海。普段なら頂きっぽいポイントも変化が強いのが災いして期待薄な感じだ。

一番先に入ったポイントが気になって戻る。
しかし、何とも言えない物足りなさ。ほんのチョットだけど、すべてにおいてチョットだけ足りない。

シーズン当初と言えるかも微妙な時期だし、この一帯で粘るよりは広くランガンで探るほうがよさそうだ。

大きく移動。

本日のベストと思われるエリアを発見(B+)。濁りは相変わらずだけど・・。
ネチネチ粘るがノーバイト。新発売のダイワの R50 LD F-Gに願いを託すも叶わず。

またランガン。

そしてベストエリアに戻る。潮位の変化が吉と出て、弱いながらもヨレも絡みA−位のポイントになっていた。しかし・・・・忍び寄るサーファーの影。もう来るな。そこでいいだろう、波立ってるし・・。そんな願いは叶わずに入られた。まあ、無礼というほど近くではないから文句は言えないけど。

そんなこんなでノーバイトで終了。

今季、このサーフは雰囲気があまりよくないな。苦戦必死。場所変え必死かも。