>> FISHING REPORT 2006
5/15 南房サーフ
最後の上げ潮タイム。
波は大したことないけど、波足が長い。
この一帯はどうやら浅いようで、沖でブレイクした波のパワーが減衰することなく足元をさらう。
引き波を踏ん張るのはとっても疲れる。釣りにくいし。
ルアーをスローに引けば手前以外は底を叩かず引くことはできるけど、ここにスズキが入るかな〜っと考えると微妙?こういった場所ではあまりいい思いをした記憶はないような・・

そんなワケで・・MAXスピードでランガン。

ん?ここら一帯はちょっと水深があるかな。キャストしながら様子見。
でも、それだけ。払い出しを含めた流れと地形がうまくリンクした場所はない。
う〜ん、潮位次第といった場所か。とりあえずはパス。

ちょっとだけルアーの引き抵抗が強くなった。
それでも粘るほどの場所(B-)ではなさそうだけど、いままでの場所に比べれば少しはマシ?
ランガンのスピードを緩めて少し丁寧に攻めることに。
よくよく観察すると、このエリア一帯は右から左への流れが弱いながらも効いている。
右に移動しつつキャストを続ける。
砂の踏み心地が変わったので足元を見てみると、マテリアルが変化している。ここがサーフの大きな変化の際なのかもしれない。それならば、少し腰をすえますか。
このエリアにある払い出しに陣取ってしばしキャストを続けるとコッ・コッ・とあたる。

ベイト?

コッ・コッ・コッ・ココ・ココっときたので、アワセを入れる準備。
リトリーブ速度を少し緩め、コ・ココ・グーっときたのでアワセを一発。
手応えもよくないし、久しぶりのファイトのせいか魚を大きく感じたものだから慎重にやり取り。
52cm。ルアーはR50のA-7赤針チューン。
慎重過ぎるほど丁寧にヤリトリしたけど、ちょっち弱気過ぎたか。年末ならぶち抜いたサイズ・・。

しばし粘ったけど、後は続かない。
まだマズメは始まったばかり。ここで粘るのは得策ではなさそう。ランガン再開。

このポイントはいい(B+)。ヨブも絡んでいる。粘ることに。
今度は一気にロッドが絞り込まれた。ファイト開始。
あっ、フロント?リア?フックが外れた・・?。手応えが悪化・・。
ラインテンションを緩めず掛けすぎず一定に保ちラッキーにもなんとか寄せた。
最難関は波打ち際・・。
そう思ったら・・なんだ?魚が止まった??手応えもよすぎ!?
チラッと見えたスズキの魚影。ルアーはスレ&向きが反対にフックアップ。
波打ち際の反転でフロントフックが魚体に絡まったようだ。ラッキーかも!?
ランディング成功。スズキ71cm以上72cm未満。ルアーはR50(赤金)の赤針チューン
この時期、この時間帯に釣れるサイズじゃないようなのが釣れた。


同所でそこそこ粘るもノーバイト。
攻めながらも横によさそうな場所があり、気になって気になって。
もう少し攻めてもよさそうな場所ではあるんだけど、この時点で狙いはヒラメ・マゴチってこともあり、少し早めに切り上げて移動することに。

反応なし。

もう一回探る

反応なし。

移動。
でも、やっぱりマズメといえるうちにはさっきの場所で勝負したい。
戻ってルアーをR50からサスケ技力にチェンジしてもう一回探る。

反応なし。

さらにもう一回、ルアーをチェンジして探る。
探る。探る。

ヒット!!
ほとんど波打ち際。ジ〜ッ・ジ〜ッ・ジ〜ッっと動きに合わせてラインが出る。
マゴチくさい。そこそこ良型っぽい。
・・・・
実はデジカメで動画を撮っていた。
波打ち際でしばし思案。普段ならやや強引にやるし、そのほうがバラシも少ないはずなんだけど手応えも悪いし、なによりも、ちょっとカッコよくそして長くファイトシーンを収めておきたい・・。
そんなスケベ根性で半分ノセかけた波からおろし、もう一回次の波を待つことに。
そして次の波に乗せようとテンションを掛けたら・・フックアウト・・
色気出しすぎたか・・。でも、色気を出さなくてもバレた可能性が高い手応えだったと、納得できないけど納得するしかない。
・・・・


下げが効き始めると、ここはホントにいいポイントだ(A)。
右からの流れ。払い出し。ブレイクライン。地形の変化。
相当ピンポイントで場所を絞り込める。
その付近を爆撃するが反応はない。
。。。。
釣れない理由が分からない位のポイントになったけど釣れなかった。
ちょっと時間が遅すぎた?。ちょっとだけシーズンが早かった?。ホント、いいポイントだった。
※画像はA級ポイントになる前のものです。