>> FISHING REPORT 2006
6/1 南房漁港
今回のメインはサーフ。当日まで強風が吹いていたから何箇所か下見してから入るサーフを決めるつもり。そんなワケでメバルは短時間勝負。90分一本勝負。

バイトなし・・。
やっぱりダメなのかな〜っと諦めモードで45分経過。
ラインを1/3ほど回収したあたりから、PEラインに伝わるかすかな異変。
ハンドル1回転、2回転、3回転・・・ああ〜我慢できん。
バシっとアワセるがフックアップせず・・・・。

少しショートキャスト。着水直後から何かがルアーを突っついている。
我慢・我慢。
でも、今回は”クッ”っと手応えあり。巻きアワセでフックアップ。
久しぶりにご対面のメバルは18cm。

群れでいるに違いないと期待したが・・反応なし。

「あ〜、そういえば潮が上げ始めてる。それで喰ってきたのかな?。」
そう思った途端・・”ガツッ”っと明確なアタリ。こいつも巻きアワセにてフックアップ。
これはいい引き。バレないでと祈りながらブチ抜くと


24cm。ルアーは月下美人 夜叉5S。

まだいるはず。
そう信じてルアーをローテーション。
あ〜でも、もう時間がない。どうしよう。
もう一回位は潮も動くはず。チャンスはある。でも、サーフもやりたいし・・・・。
サーフの下見をやめる?。でも、入ったサーフが海草だらけじゃ泣くに泣けないし・・・。

心を鬼にしてメバル終了。
もう諦めていた今季のメバルだけど、最後をグッドサイズで締めくくることができた。それで満足しよう。


南房サーフ
下見して入った南房サーフ。狙っていたサーフに入ることが出来た。
前回活躍してくれたR50(A-7赤針チューン)をセットしてキャスト開始。

こんなのや・・


今季初となるマゴチ49cmをゲットしつつ・・


これであとはヒラメでグランドスラムだ〜っと気合を入れて?キャストしていると・・

ヒット!!

重いけど寄ってくる。

やけに波打ち際で抵抗する。もしや??
見覚えのある尾びれが波間に見えた。座布団確認完了。

波に乗せて寄せ、引き波を耐える。
グ〜っとロッドが絞り込まれる。
「ラインにテンションが掛かり過ぎてない??耐えきれる??」
「どうする?どうする?どうする?」
ルアーが口の中に真横になって入っているのが見えた。
「これは勝負のほうが無難?」
勝負しないでバラシたら悔やんでも悔やみきれないってことで踏ん張る。
波が8割方引いた所でダッシュ。あ〜、でも、ヒラメがユックリ流されていく。

焦りすぎた。

でも、追いつくさ。

尾びれをキャッチ!!

・・・・
したけど、ヒラメが暴れてスルッと手から滑り落ちた。
あ〜、そうだ。このグローブ、濡れるとスベるんだ。
・・・・
・・・・
引き波はもう怖くない。怖いのは寄せ波。5メートル先には寄せ波が・・。
グローブを外す時間はない。ラインはロッドに絡んでる。
・・・・
・・・・
ありったけの力を右手に、気合で掴む。
暴れる。離さない。暴れる。離さない。
・・・・
・・・・
ゲット!  ( 動画で見る?⇒


座布団76cm。ヒットルアーはサスケ技力


暴れられて表に砂が付いてしまったから見た目は悪いけど・・。

ヒットポイント(rank A)はこんな感じ。



よしよし、このルアーは殿堂入りさせようかな。とりあえずはルアーチェンジ。
ラインは・・・・傷なし。
結び直さなくてOKだろう・・・・。

その後、今季最大となるマゴチ51cmも追加。


そんな感じで終了。

そうなんです。

シーバス60cm、ヒラメ76cm、マゴチ51cmでグランドスラム達成!!

こんな良型で達成できて嬉しい!!