>> FISHING REPORT 2006
6/12 南房漁港
今回も時間的に前回と同じく90分一本勝負。
風強し。ベイトなしでバイトなし。
そんなもんでやる気が−100%。
60分TKO負けで早々に退散。
もちろん、ノーフィッシュ・・。


南房サーフ
前回と同じサーフに入る。
波の感じは・・まあまあ。

ルアーを泳がせていると、引き抵抗が3倍!?。
とりあえずはシーバス狙い。私の場合、シーバス狙いなら兎にも角にも流れの強い場所を探す。
そんなワケでこの場所は期待十分。
・・・・
しかし、期待を裏切るかの如くノーバイト。

潮は動かなくても流れはそこそこあるしマズメだし、回遊があれば反応があるとは思うのだが・・。

やっぱアソコだろう。
どう考えてもさっきのエリアだろう。
移動先から戻る。
ヨブあり、払い出しあり、流れあり(rank B+)。

波打ち際でヒット!!

そうだろ!そうだろ!
でも、ちょっと小さいか・・。

45cm

この時期ならアベレージサイズ。
サイズよりも信じた場所で釣れたことで大満足。

続いてサメ・ヒラメ(40cm)をゲット。このヒラメはよく引いた。

あとはマゴチで2釣行連続でグランドスラム達成だ!。この時期、マゴチが一番釣りやすいからこれは楽勝!?

下げに入った。

マゴチはもう”イタダキ”って感じかと思いきや、なんだろう?、あんまりいいポイントじゃなくなってきた。
上げ潮&潮どまりポイントだったのか?。イマイチよく分からないところではあるけど、いいポイントでなくなったのは確か。ひと叩きしたあと。ランガン開始。
ランガンしながらポイントを探すも、よさそうなポイントは底荒れ気味。

これではマゴチはキツイかな。

なるだけ水がクリアーな所の中から一番よさそうなポイントを選んで叩き続けるもノーバイト。やはり水温が前日の雨で下がったのが、マゴチにはよくなかったのだろうか?。

そんなワケで、本日はフッコ・ヒラメ・サメのなんちゃってグランドスラムで終了。
次回はフッコ・エイ・サメなんてことになりませんように・・。