>> FISHING REPORT 2006
6/26 南房サーフ
「おっかしいな〜?おっかしいな〜?。う〜っむ、海荒れたっけ?」
前々回に結果を出した場所。砂の踏み心地がフカフカだし、陸側の地形の変化も緩くなってる。
嫌な予感が始めからしてはいたんだけど・・。

海はベタベタのベタ凪。
今日のターゲットはシーバス、マゴチ、釣れればラッキーな座布団の順。
ここ2回程結果を出していたR50の代わりに、年末年始に結果を出していたSL14でスズキサイズを捕獲すべくキャストを繰り返すが釣れる気はしない。
ポイント選びの判断基準が弱々しい払い出しだけ・・。
払い出しの下にあるかもしれない地形的変化を信じるしかない。そんな感じ。

移動?いや、フッコなら・・
移動?いや、マゴチなら・・
移動?いや、ソゲなら・・

あ〜、移動する決心が付かない。

潮が下げ始めても流れは弱い。やっぱり寄せる波の威力が弱いと払い出しも弱々しいし、水位もスーっと下がっていくだけなのね・・。

だめだ・ダメだ・駄目だ。アタリもなければベイトっ気もなし。釣れる気がしない。
移動だ。固執し過ぎた。まだ手遅れじゃないはず・・。


あ〜、ここのサーフはいいじゃないか。
前に下見した時はあまりいい感じじゃなかったのにな〜。

ヒット!!

3投目?4投目?
とにかく移動後、すぐヒット。

よしよし、大した手応えじゃないけどもの凄く嬉しいぞ。

そしてゲットはマゴチ43cm。ヒットルアーはR50(赤金)

(マゴチ悶え中の図)

この感じならまだ釣れるだろう。
粘って、粘って、ノーバイト・・。
仕方ない。今日は勉強したと思うことにしよう。
でも、また同じような状況なら同じことをするだろうな。こればかりは直しようがない・・よね?