>> FISHING REPORT 2006
7/28 南房サーフ
おっ、今日はここ最近の中ではいい海況では?
暗いからまだ分からないことも多いけど、とてもよさそうな波立ち具合。期待十分!

・・・・期待十分だったのは最初の15分程か。
なんだろう?。どこもかしこもいい感じだけど、どこもかしこも流れなし。ポイントが絞れない。
波は適度に立っているし、上げ潮も効いてるんだから少しは流れが発生しててもいい気がするんだけど、払い出しが綺麗に並んでいるだけ。なんだかな〜。
払い出しを中心にルアーの引き抵抗の変化を頼りにポイントを探していく。
スズキ狙いなんだけど、どうも釣れる気がしない。早めに五目釣りモード?、SL14からR50にルアーチェンジして探るも反応なし。上げ潮だけにスズキを期待してたんだけどね〜・・。

ルアーの軌跡がハッキリと目で追えるようになった頃、怪しい雰囲気のポイントを発見。多分、サーフの大きな変化の境目。本当ならもっと変化があってもいいはずなんだけど、変化は小さい。理由は多分、潮の流れが全くないからなんだろう。
スズキ狙いなら本来、かなりの”ごっちゃんですポイント”のはずなんだけど、申し訳ない程度にヨレているだけ。それでも貴重な変化。かなり丁寧に攻めてヒットは本命。読みは間違ってなかったけど、釣ったサイズは読み違え・・。

フッコ35cm位。

私の基準はセイゴ〜30cm、フッコ〜60cmなんで、これはフッコなんです。はい。


う〜ん、釣れはしたけど、後が続きそうな感じじゃないような・・。
シーバスはもう諦めてるけど、マゴチも出るのか不安になってきた。
ここは前回の二の舞いにならないよう、移動したほうがよさそうだ。よって、移動決定。


ここもどうだかな〜。同じような感じか・・・・と思いきや・・
お〜、美味しい縦ヨレじゃないか。規模は小さいけど縦ヨレはいいね。かなり美味しいポイントだ(A−)。
やる気が俄然アップ↑。丁寧に攻めているとルアーをピックアップ寸前にガツンっときた!!
グイッグイッっと首振りダンス。ヒットポイントが近いこともあるけど振り幅が大きいのは良型の証!?
早めに勝負。寄せ波に強引に乗せてランディングはマゴチ53cm。

今季最大サイズは丸々と太っていて、とってもいいコチだ。満足♪満足♪

そして、立て続けと言うほどではないけどヒットが続く。

その中で一番引いたのがこのヒラメ43cm。
やたらと引いたんだけど、なんでこんなサイズ?50〜60はあると思っただけに・・
ちょっとガッカリ・・。

あっ、さりげなく今年2度目の砂物グランドスラムでした。