>> FISHING REPORT 2006
9/14 内房
車のドアを開けようとしたら重いっス。車から降りると、爆風!!

雨後だし内房でシーバスでもと木曜の夜に思い立って出発。
予定としてはメバルの御機嫌を小1時間伺ってから、2時間ほどのシーバス狙い。

折角来たんだしってことで爆風の中、タックルをセット。
爆風に煽られて重力に逆らうが如く、スクリューテールグラブが空を舞っている。
今季初のメバル狙いのファーストセットは、シラスヘッド+スクリューテールグラブのセット。
1投目、横風強く目で追えないほどルアーが水平移動。ラインスラッグが半円を描いている。
リトリーブを始めても何の手応えも感じない。メバルは絶望かなって思えた状況でググっときた。

これはセイゴ?それともメバル?

メバルの引きってどんなんだったかな〜って考えること2、3秒。
これはメバルだって確信持てたところで魚はもう足元。
中途半端な抜き上げになったところで空中リリース・・。
チャポンて音とシルエットで推測するに20cm程のメバル。
オー・マイ。。

その後、同じ場所でアタリが続くがこれはどうやらセイゴっぽい。
なんとか?たまたま?フックアップしたのは、やっぱり極小セイゴ。

あれれ、アタリがなくなったぞ!って思った瞬間、”ゴッ”っと明らかに今までと違うアタリ。
メバルっぽいあたりじゃないから、やっぱりヤツ?
ルアーチェンジしたほうがよさそうだけど、爆風の中でチェンジするのは大変だ〜ってことでそのままもう1投。またしても”ゴッ”っときて今度はフックアップ。

ドラグが唸る!!

ドラグを締め、再び締め、もう一度締めても止まらない。これ以上締めるとロッドが折れそう。
ラインはSMOOTH11lbにフロロ1号のリーダー。リーダーの方が弱い設定なのは仕方ないところ。
1号は4lbで約2kg。7掛けで1.4kgって頭の中で計算。
エラ洗いの感じは明らかに1.4kg以上ありそうだ。抜き上げ不可能。
それならばと騙し騙しスロープまで誘導してズリ上げようとするが上がらない。

・・・・

しかし、本日は強風。スロープにも波が押し寄せている。ラッキー。
寄せ波に乗せるも、さすがに波に乗せて寄せ切れない。アンラッキー。
仕方ない。滑らないようにへっぴり腰で気を付けながら近寄ってハンドランディング。

スズキ64cm。

久しぶりにスズキ獲ったド〜!!

外道だけど。。

その後、立ち位置を変えて向かい風のなかキャストを繰り返す。飛距離はハンドル10回転分。。
リールはルビアス2004。1回転あたり63cm。その位の強風。

シンキングペンシルにチェンジしてキャストを繰り返す。
セイゴっぽいアタリばかりでなかなかメバルのアタリはこない。
”ゴッ”っと再びヒットはフッコ?。しかし、バレた。

そして、最後の最後にググっと待望のアタリ。これは??
慎重に寄せるとやっぱりメバルだった。

メバル16cm。今季初メバル獲ったドー。

獲ったけど1匹じゃってことでリリース。
そして、メバル狙いは予定通り小一時間で終了。


移動してシーバス狙い。
しかしと言うか何と言うか潮位が低い。2時間程下げるのが早い感じ。
う〜ん、ちょっとだけやる?。でも、やるとウェーダー洗って、ロッドを洗って、リールのメンテしてってメンドクサ〜って不真面目な事を考えつつ、折角だからちょっとだけやることに。
しかし、釣れる気がしない。早々に退散。


今日もあわただしい釣りだった。
そろそろ腰を据えてサーフでルアー投げたいとも思うけど、イシモチもキスもやりたいんだよね〜。