>> FISHING REPORT 2006
10/11 南房サーフ
う〜〜む・・・・、う〜〜ん・・・・

スズキ・ヒラメ・マゴチのうちでも、本日はスズキが一番候補。
上げ潮に合わせて波が立っていい感じに・・そして”ガツンっ”とヒット!!
そんなイメージでサーフにやって来たんだけど・・

なんだかな〜、どうにもな〜・・・・

潮位は十分なはずなのに底をするSL14。こりゃ絶対スズキは寄ってないよ。。
先日の台風はサーフの変化を奪い去ってしまったようだ。

それでもなんとかなりそうなポイントを探し出して攻める。
やや深いと思われるエリア内にあった払い出しの流れを、SL14の小さなリップにくい込ませてルアーをアクションさせる。リトリーブのスピードを落としてスローにスローに意識しながら誘う。
そのリップに払い出しの流れが一際強くまとわりつく。ここだろう。

喰え!喰え!喰え!

よし、どうだ・・・・・

そんな感じで、常用薄明の時間まで攻める。攻める。そして攻める。

駄目か・・。

まあ、せいぜいBランク程度のポイントだからな。


さて、ヒラメにシフトしていく時間帯。
このポイントはどんなもん?
更に潮位も上がってきたからなんとかなりそうかな。でも、そこそこ長い時間攻め続けたからな。
ルアーをチェンジして大雑把に攻めるもノーバイト。

同じような感じのポイントが並んでいる。なんか釣れそうな気がしない。
理由は分からないけど、過去にこんな感じの時に苦い思いをしたことがあったのかな?思い出せない。
でも、あくまでも同じようなポイントであって、同じかもしれないけど違うかもしれない。
違う雰囲気のポイントを探したいところだけど、波の感じからだとどうも判別しにくい。10分位はキャストしつつ様子を見ないとポイントの判断がつかない。そんな感じのポイントを何箇所か叩く。

さて、そろそろ朝マズメのゴールデン・タイムも残り少ないぞ。
今まで叩いた中で一番よさそうなのは横の流れがある分だけあそこだな。
でも、戻ってもう一度叩くだけの価値があるか??・・・・それが問題。

どうしようかな?

いまいちサーフの状況も判りかねるところ。
それならば、今日の釣果は犠牲にして次回の釣行のために広く叩くのがいいかな。
たまにはそんな日も必要。

ランガン継続。

砂浜の神は我を見捨てず!?いいポイントがあった。
でも、潮止まり?海が落ちついてる。
時合が過ぎた感じがしないこともないけど、それでもよさそうなヨレがある。
ゆっくりと1往復。ノーバイト。
う〜ん、なんだろう?。何か足りないのかな?
流れのパワー?地形の変化?・・・・分からない。

移動

ここも同じ感じのポイントだ。
ただ唯一違うのは、さっきの場所と比べてポイントと思われるエリアがハッキリしている(A−)。
少しずつ移動しながらポイントの上にルアーを丁寧に通す。

答えはすぐに出た。やっぱり正解。狙い通りの場所でヒット&ドラグ音・・は少々。
よく引いたけど、最後のカケアガリを過ぎたところで抵抗をやめた。
波に乗せて寄せ、引き波の中から姿を現したのはヒラメ50cm。


しばらくして、今度は予想より手前でヒット!!
グイッ・グイッと首振りダンスに合わせてドラグがジジッ・ジジッと。
これは明らかにマゴチの引き。それも良型かな?
途中、手応えの変化にビビリつつ、運を天に任せてランディング成功。3本フックの真ん中のフックの一本だけが辛うじて上唇に突き刺さっていた。

マゴチ52cm。


まだ、いそうな雰囲気はあったけど、喰わせきれなかった。
多分、いたな。そう思う。スレたかな?