>> FISHING REPORT 2006
10/27 南房漁港
内房、南房、内房、南房・・
バラの花びらを一枚ずつ剥がす。花占いで南房に決定。
・・・・そんなことはなく、内房のあの場所なら20以下なら手堅いのはわかっている。
でもね、きょうは夕マズメに間に合いそうなんだ。ただ、潮止まりだけど・・。
シャローに接岸した第一陣の良型メバルを狙って一路南房へ。

この時期、メバルを狙う人なんていないから、一番良型が出るポイントへ一目散。予定通り先行者はなくキャスト開始を繰り返すがノーバイト。まあ、基本的にば回遊待ちがメインのポイントだから反応がなければいないんだけど、もしかしたら潮止まりのせいで口を使わないだけかもしれない。
そんな考えからルアーをローテーション。
ソフトルアーのチェンジ&カラーチェンジ。プラグ、シンキングペンシル。
上層・中層・低層。ただ巻き。ソフトトゥイッチ。リフト&フォール。
結果はノーバイト。いないのね。

なかなか下げに入らないな。

てか、下げでに入ったとしてもこの状況で釣れ出すのか?

もう1つのポイントへ。ここは○秘ポイント。沈み根があるんだ。
そこに潮止まりの時、メバルがステイしていることが多い。
確かカウント5だったかな。リトリーブ開始。今季もあった沈み根。ジグヘッドが引っ掛かる。
そのままユックリとリトリーブ。”ヌっ”っと外れた瞬間に”ココ”っとあたるはずなんだけど・・・・。
底・根の上と通すもノーバイト。いないのね。

これは漁港には入ってないな。

でも、潮が動けばなんとかなる?

そんな甘い考えで頑張るもノーバイト。
3時間半やってノーバイト。

やっぱ色気出さないで内房にしとけばよかった。