>> FISHING REPORT 2006
12/6 南房漁港
内房はショボショボな釣果が続いている。今年は釣れないな〜。
それならばと南房にやってきたものの・・・・実釣1時間チョットでアタリ2回。
確か、前回の南房メバルはノーバイトだった。そう、きっと調子は上向きなんだ。
次回は釣れるはず・・


南房サーフ
午前5時。気温は4℃ほど。
程よい寒さが気を引き締めてくれる。一発ドカンと行きたいね。
サーフに降り立つ。海はいい感じかな。期待しながらキャストを開始。
エントリーポイントがいきなり雰囲気満点。流れがある。払い出しがある。月明かりの下、周囲を見渡してみてもここが一番変化に富んでいるように思えた[rank B]。
キャストを繰り返す。しかし、反応はない。
暗いうちに少しは他のポイントも探っておいたほうがいいだろう。移動することにした。

ここはどうだろう。さっきのポイントと比べても見劣りはしないかな。
キャストしながらポテンシャルを想像する。フルキャストが決まるとルアーが左に流され、暫くするとググっと引き抵抗が増す。さっきのポイントよりいいかな?[rank B+]
少し左に移動して攻め続ける。

ゆっくり・ゆっくり、ゆっくり・ゆっくり。
今日は焦ってるのか、どうもリトリーブのスピードが速くなる。
ゆっくり・ゆっくり、ゆっくり・ゆっくり。
自分に言い聞かせながらリールのハンドルを回転させる

ココ・コッ

手元に微かに伝ってきた。
集中力全開。くるか?くるか?ルアーが底を擦っただけ?こい!こい!

ロッドが絞り込まれた。

アワセ一発。重量感タップリなんだけど、手応えが微妙・・
多分大丈夫なはず。追いアワセはちょっと怖い。そのままヤリトリ開始。
いいね、いいね。久しぶりにロッドを持つ右手に乳酸が溜まるのが分かるサイズ。
時たまドラグ音を響かせながら、ガリガリとリールを巻いて寄せる。
そろそろかな?。波に乗せてランディングを試みる。
・・・・
しまった!。思ったより魚を寄せてなかったようだ。
乗せた波も思ったより小さかった。
・・・・
寄せそこなった。

波に合わせてダッシュ・・・・しようとしたが、ドラグが効いているし寄せ波が小さかった分、引き波も弱い。
2,3歩だけ前に出て足を止めて堪える。
・・・・
ああ、次の波も弱い。浅い場所でスズキが暴れている。
マズイなマズイな。まだ元気あるし、相当マズイ。
・・・・
なんとか持ちこたえてランディング成功。

重い・重い・重いスズキは今年初のランカーだ。81.5cm。



あくる日、同じ場所に入る[rank B+]。
ちょっと釣りにくいな。おまけにノーバイト。
やはりと言うか何と言うか、スズキの回遊がコンスタントにあるわけではないようだ。
早めにヒラメ狙いに切り替え。強気にサスケ技力で誘っていたが、すぐに弱気に・・。
ルアーの泳層を落とそう、ルアー・チェンジ。

攻め続けるが、ポイント選びに確信が持てない。なんだか普段と違う感じでポイントが読みにくい。一帯いい感じなんだけど、私が攻めている場所は逆??攻めてる方はいいポイントじゃなくて、攻めてないほうがいいポイントのような気がして仕方がない。頭を回転させるが、答えは出ない。
攻めてるほうは見た目、払い出しが効いてる感じなんだけどロッドからその感じは伝わってこない。攻めてないほうは見た目、ヨレているんだけど流れは停滞している感じ。
とにかくポイントがはっきりしない。う〜ん、モヤモヤした気分だ。。
第一印象を大事にすることにした。

粘って・・ヒット!

お、これは??この引きは??
ガリガリリールを巻いて寄せる。

やっぱりヒラメだ

確認できた瞬間・・・・カケアガリに引っ掛かった。
ままままマジすか!?。手前が掘れてるんだね。ゲゲゲゲゲ。
ロッドを煽って強引に浮かせる。運良く?ゲットは寒ビラメ51cm。


ここ数年、”寒”には縁がなかっただけに、もの凄く嬉しい。

ただ、ポイント選びはこれでよかったのかな?釣れたからOKってなもんでもないし。
う〜〜ん、今考えても分からない。。
てか、最後はシラミツブシ・キャストだったから、どっちで釣れたか正直覚えてなかったりして・・。