February, 2007 Vol.1


- LURE -
SL14
R50
sasuke技力
sasuke裂波
ヒラメスペシャル125F/135F


南房サーフ

2月のサーフ。

ベタ凪のサーフ。

変化を探すのに一苦労。陸側の地形と、たまに立つ波を頼りにポイントを探す。
立ち位置を決め、その周辺をこまめに移動しながら流れを見つけ出す。そして
その流れにルアーを投げ込む。リップが流れを掴むと期待感が膨らむけど、スズキからの反応は得られない。せっかく探し出した流れも5投ともたないうちに消滅してしまう。仕方なく、また、新たな流れを探す・・
そんなことを繰り返すが、流れもそうそう簡単には見つからない。

2月の夜明け前、スズキの回遊もおそらくないだろう。それでもキャストを続ける。もしかしたら釣れるかもしれない。私には”もしかしたら”で必要十分。


流れが全く無くなった。急深気味のサーフでは致命傷。
どこを攻めるかな。時たま白波が立つエリアも意外とランダム。海底は所々は掘れてるようではあるけど、狙いを絞り込めるほどの要素ではない。

そんな状況の中、なんとかポイントを探し出して、ただひたすら攻め続ける。
技力で往路。ヒラメスペシャル125Fで復路。カラーを変えて往路。裂波に変えて復路。ただ、ひたすら投げ続ける。同じエリアを攻め続けているからには、それなりの根拠がある。ただ、今日の条件だと強く信じられるほどのものではなく、単純にキャストの回数勝負かもしれない。そんな釣りも好き。


その後、ランガン。

片っ端から叩いていく。

もう釣れる気はしないけど、気が済むまで叩く。
やっぱり釣れなかったか。「そうだよな」。
妙に納得しながら、サーフを後にした。


やっぱりサーフが好きなんだなって思った。

2月のサーフは鬼門。