February, 2007


- LURE -
The FIRST 115F
sasuke技力
sasuke裂波
ヒラメスペシャル125F
R50
ザブラ 11F

南房サーフ

ここのところ、サーフはいつも”上げ〜上げ一杯”のタイミングでの釣行だった。特に嫌いな潮周りではないけど、テンションが上がるような潮周りでないのは確か。潮止まりの時間が長いしね。なんとなく消化不良。下げでやりたい。

スズキの回遊はなさそうだから、あまり早くサーフに入っても仕方が無いということで重役出砂。気分転換にいつものSL14ではなく、マリアのThe FIRSTをリーダーの先に結んだ。

そろそろ上げ一杯の時間。波足が長く、足元でルアーのリップに水がまとわりついて回収に一苦労。意味の無いところでのた打ち回るようにウォブリングしている。やっぱり反応ないな〜。スズキの回遊はないんだろうな〜。こういう時はマズメ時にベイトを追ってサーフに入ってくることを期待するしかない。ヒラメも狙いに入れて、早めに技力にルアーチェンジ。キャストを繰り返すが、時期的に期待感は薄く、漫然とキャストを繰り返すだけ。

ポイントは・・
長い波足、その打ち寄せた海水がザ〜っと大きく右にスライドし、15m分位まとめて払い出している場所。先には波立ち白波が立っているエリアがある。ただ、これは払い出し絡みというよりは地形的なもののような気がする。流れと地形がリンクしてないと、ポイントとしての価値は高くないかもしれない。

そんなことを思っていると、いきなりロッドがひったくられ、ラインが引き出される。アワセを入れるが、重量感タップリでアワセ幅が十分に取れない。体制を立て直し、追いアワセを入れようとしたが、その前にテンションが抜けた。

・・・・・・・・

ルアーを確認すると、歯でズタズタにされた様子はなし。スズキかな〜?。う〜ん、ランカー?。でも、まだチャンスはあるはず。相当沖でのヒットだったので、気合を入れてフルキャスト。そしてフルキャスト。ややフルキャストのノーマルキャスト・・ダメか。

ここはいいポイントなのかな。少し粘ってみると、今度は岸よりでココっとアタリ。アワセるがフックアップせず。これは多分、ヒラメ(ソゲ)。もうちょっと粘るかな。しばしキャストをするが反応はなし。今のところ潮止まりだし、一箇所で粘っても仕方がないので移動。移動してみたものの・・やっぱり戻ろう。先程バイトのあったエリアに戻る。

少し粘ったところで・・・・ヒット!!

このグワン・グワン感はヒラメかな!?ガリガリとリールを巻いて寄せる。波打ち際の最後の抵抗をかわして姿を現したのはヒラメ。小さく見えたけど、図ったら54cmあった。今季2枚目の寒ビラメゲット。



おなじ辺りを何度となく攻めるが反応はない。
ランガンのほうがよさそうな気はやはりしているのだが、そろそろ下げに入るはずと、下げ待ちでキャストを続けていた・・・・のに、なかなか下げに入らない。
ならばと、考えた末に移動。

離岸流の卵を発見したが、海草浮遊地帯。


キャストしてみると・・・・案の定フックに絡んでくる。う〜ん、惜しい。
未練がましく海草がフックアップしないギリギリの場所で様子を見るが、海草が無くなるワケもなく・・


左側にも離岸流の卵。潮の流れも効いてる。でも、さっきの場所に比べると、やや見劣りするな〜っとあまり期待せずにキャストをしていると”モゾモゾ”っと。期待しつつ神経を集中させてアタリを待つが、ロッドはしならない。こんな時は空アワセ。引っ掛けなのか、リアクションバイトを誘うのか分からないけど、これが効くことは多い。しかし、今回はすっぽ抜け・・・・

キャストを繰り返す。
1投・2投・3投・・・ダメかな。

しかし、神は我を見捨てず

ヒッ〜〜〜〜ト!!

ヨシヨシ、この手応えでこの走りならスズキじゃなさそう。とするとあれ?この手応えだと山田君が運ぶサイズ?

波打ち際で抵抗は始まった。ますます期待が高まる。が、チラッと見えた色は銀色・・・・。銀でもOKです。2回ほど強烈な突っ込みをかわし、ランディングはスズキ75cm。ヒットルアーはザブラシステムミノー11F。ちょっと痩せ気味かな?



その後、暫し粘るも気合は入らない。今日はもう十分だね。
デイ・ゲームを満喫してサーフを後にした。

2月のサーフで初めていい思いをした。