March, 2007


- LURE -
R50
sasuke技力
ヒラメスペシャル125F/135F
タイドミノーサーフ135F

南房サーフ

気合を入れてメバルを3時間程やっていたら、正直、疲れてしまった。寝不足なんだよね、最近。そんな状態でも、タックルをセットしているとやる気になってくるのが不思議。サーフでもうひと勝負、気合を入れ直していこう!!

本日のファースト・ルアーであるR50をキャストしつつサーチ開始。すぐによさそうなポイントを見つけたが、朝マズメのゴールデンタイムに備えて広く状況を見ることにした。結果的にこの場所が、朝一の段階では一番いい場所だったな。やりたいのは山々なんだけど、残念ながら入られてしまった。
それでも2箇所ほど候補ポイントがある。下げに入れば化けるかもしれない。そう思いながらキャストをしつつも、同業者の様子が気になってしまう。そんな浮ついた感じでキャストを続けている。
私の攻めているポイントは化けてはくれたけど、思ったほどではないかな。周りに比べて明らかに潮があったっているようだし、いいポイントであることは間違いないんだろうけど、なぜか釣れる感じがしない。うねりが悪影響のようだ。海況が海況なら、きっと”イタダキ♪”って場所なんだとは思うけど、今日はな〜。それでも、スズキの回遊があれば必ず反応があるはず。その位のランクはあるポイントだ。しかし反応はない。前回と同じく半分、出会い頭待ちかな?。もちろん、その出会い頭の確率を高める努力はしている。

とにかく反応がない。3月だから、当然と言えば当然なんだけど・・・
さて、どうするかな?考えどころだ。
結局、”魚が寄ってない・入ってない”ってことだろう、このエリアには。
下げが強く効いて流れが出来たとしても、釣れる確率はそれほど高くはなさそうだ。まだ朝マズメの時間帯は残っている。いろいろ考えたけど、移動。

ところどころ大きめの払い出しがある。
数投してみるが、どうも腰を据えるほどのものではない感じだ。

そんなポイントが続いている。そんなポイントを片っ端から叩いていく。

払い出しのど真ん中に陣取ったつもりが払い出しは右。あれれ、動いた?。明らかに右側だし、カケアガリまで流れが届いている。それならばと、私も右に移動してキャスト開始。結果はすぐに訪れた。ややモゾモゾっとしたアタリにアワセを入れるとグッ・グイっと生命反応。

ヒット!!

グイ・グイ・グイ・グイっと同じ周期で悶えている。
ヒラメ?・・・・だよね??
あっ、手応えが軽くなった。・・・・。高速回収。
んんっ!?、バレてない??
付いてた付いてた。腹にフック1本が辛うじて刺さってるような刺さってないような。

推測するに・・・・
口にフックアップ。
「なんだ!なんだ!なんか口に違和感。イヤだ〜。」
ってヘッドシェイク。フックが外れて
「ん?、違和感がなくなった。わ〜い、よかった。」
ただし、腹にフックが引っ掛かっている。そして、私が高速回収中。
「ん、俺ってこんなに速く泳げたっけ?。チョ〜気持ちいい〜。」
そして、波打ち際。
「ゲ、なんか様子が変だぞ。」
再び抵抗を始める。
・・・・そんな感じかな。

今年の初マゴチは47cm。ヒットルアーはヒラメスペシャル135F。
写真撮影を済ませて再び攻め始めるも、「んん!?」。あまり芳しくない雰囲気なのはなぜ??

きっと、このマゴチは神様がくれたプレゼントなんだろう。
ちょっとケチくさいけど・・。

その後、ランガンするも、反応はなかった。
3月にコチか。8月にはGTが釣れるかもね。