November, 2007 Vol.2


- LURE -
・SL14
・アローヘッド120F
・ザブラ139F
・TKLM "12/18"
・NODE.130F
・sasuke剛力
・ヒラメスペシャル
125F
・シーバック
シャープ


南房サーフ

珍しく夕マズメからの釣行。
時間的に行きも帰りも高速とは私的に贅沢・・・・釣らないとね。。

ウネリが入っているようで、引き波が強い。久しぶりの踏ん張り系のサーフゲームになった。鍛錬不足の足腰には堪える。

日暮れまで1時間ほど。
ポイント探りを兼ねてのヒラメ狙いでランガンするもノーバイト。
往路も復路も同じ場所で立ち止まったのは何かの縁?その場所で本腰を入れてシーバス狙い。

日が暮れて、月が昇る。

そろそろ来るだろう、そろそろ来るだろう、そろそろ・・

マズメ終わったし、予定通り移動。
移動は予定通りなんだけど、候補地が2ヶ所。手堅く河口か、こだわりのサーフか。最近、スズキを釣ってないから確率の高いほうと思いつつも、まあ、趣味だし、絶対釣らなきゃいけないワケでもないから”こだわる”ことに。

薄雲のフィルターが月の明かりを減光させ、雰囲気満点だ。ルアーの軌跡が辛うじて確認できる光量。SL14からザブラ139Fへチェンジ。ゴールドチャートの派手さ加減が丁度いいかな。

フルキャストしてクリクリとハンドルを巻く。半分位巻くとゴっと引っ掛かって以後コッ・コッ・コッ・と。底擦ってます、はい。
まあ、ブレイクがはっきりしていいかと前向きに検討。

30分経過したころ、ブレイクラインのやや奥でモゾモゾっと。
一呼吸おいてバシっとアワセる。エラ洗い連発。収まったところでトルクフルなファイト。これは70UPかな。手前が浅くて魚もパニックになっているのか、とにかく尋常ではない暴れ方。

波に乗せてランディング。
ん、思ったより・・・小さい・・
あ、でも、グッド・プロポーション。

59.5cm。何度測って60cmに届かない。ちなみに4回測った。
まあ、いいか。てか、十分嬉しかったりして。

----------------------- 休憩タイム -----------------------

上げに合わせて再び同所へ。
マイナス潮位から一気に上げる潮周りで潮位が読みにくく、始めた頃はヒットした潮位よりやや高い。フックを研ぎ直したヒットルアーのザブラも底を擦ることなく戻ってくる。

それでも、手前に入ってくるほど水深があるのか半信半疑。結局、手前までゆっくりと誘うが、効率が悪いような気もするな。そんな中途半端な潮位から始めて1時間半。潮は動いてるがノーヒット。どうするかな。朝マズメもここでと思っていたが、移動。

直ぐに常用薄明の時間になる。早めのランガンでポイントを探す。
一目であそこかな?・・・てなポイントには人がいて・・
少し離れたポイントへ入る。ここも悪くはない。下げ始めれば将来性はあるポイント。ただ、今は隣のポイントの方がいいのは確か。横目でチラチラ見るが、移動する気配はなし。私のポイントもいい感じになってきているので、ここで腹を据えることに。

ちょっと左に投げたコースが流れを一番感じる。
ポイントの感じとして海底はVゾーンの地形。ハイレグ・ゾーンと命名。
左に固執する必要はなさそうかなっと、重点的に攻めることはしなかった。

ハイレグゾーンでキャストを繰り返す。
キャストのブレで左に飛んだルアーにヒット。まあ、そんなもんかなと。
大して抵抗せずに上がってきたのは腹白ヒラメ。

49.5cm。こちらも4回測った。

急いでキャストを再開するが続かず。

その後、一通り気になるポイントを攻めるが反応なし。
3ヶ所回って疲れてるし早めに切り上げ。

この時期にしてはちょっとショボイ釣果かな。
だけど、まあ、こんなもんだろう。満足♪満足♪