November, 2008

- LURE -
SL14
NODE.130F
sasuke
技力・裂波
ヒラメスペシャル
125F / 135F


南房サーフ

かなり歩いて、アプローチ。

河口がない・・

反応がない・・

太陽が頭を出し、辺りが薄明るくなると、私の両脇で地元の方が竿を振り出した。多分、いや絶対に場所は外していないはず。そう確信。他力本願?!

本日のサーフは若干、急深気味かな。
マズメで上げ4分ほどという、シーバス狙いなら悪くない潮周り。ただ、ウネリ強く、波高く、払い出しがかき消されてしまう今年2番目のタフなコンディション。

私が陣取ったのは、手前が掘れているエリアの中で、海が静まったときに潮が沖へと流れているのが目視できる、おそらく下げならかなり良いと思われる場所。冒頭の通り、地元勢に挟まれているということは、まあ、いいはず。実は左側50メートル程先に離岸っぽい流れがあるポイントがあり、とっても気になるのだが、移動することなく粘る。粘る。

周りも確認するが、誰も釣っている様子はない。



1時間半ほど経過。移動しようとすると、バシャバシャっと目の前で。粘り勝ちか!?。しばらくしてコっと。アワセることも出来ないショートバイト。ルアーを回収っすると、フックにラインが絡んでいた。ルアーを何者かが突っついたのかな。気合を入れ直し、バイトがあったゾーンを中心に、波を読んでルアーを綺麗に泳がせるも反応なし。

マズメの終了時間はもう直ぐ。

ポイント・ランク的にはB+。

2時間掛けてサーフにやってきて、このポイントと心中する気は起きないな。


気になっていた左側のポイントへ移動。
今まで粘っていたポイントがパワフルで広範囲な変化とするなら、こちらはパワーは劣るが局所的な変化といった感じだ。



今日は波が高く、どうしてもルアーがラインに吊るされる格好になってしまう。ヒラメスペシャル125Fより自重のある135Fがいいかなとチェンジするも、改善せず。ならばと手持ちで一番潜る裂波にて探ることにした。

すぐに反応があり、可愛らしいエラ洗いはフッコ。

やっぱ、こっちのポイントだったのか!

強烈な引き波に襲われ、どうしたものか一瞬悩むも、フックの掛かり具合からして、そのままぶち抜いてしまうのがよさそうかな。強引に浮かしてそのまま水面サーフィン状態でランディング。

地元の人にセイゴと言われ、言い返せなかった私的フッコサイズ。



少し場所をずらし、カケアガリはあそこで潮の流れが右沖向かいで・・・・ピンポイントで狙えるかな。残念ながら潮の流れが速く、なかなか上手く攻められない。

で、その近辺でバコッっと裂波に水面アタック炸裂(本日は裂波でも泳ぎきらない海況)。ぎりヒラメかな。ただ、ルアー迎撃に失敗されたようで・・。

その後、反応なし。

気が済むまでキャストして終了。



景色がいつもよりも綺麗だった。

せっかくサーフに来たのなら、美味しい空気をお腹いっぱい吸ってみよう。

潮の香りを堪能しよう。

波の音に酔いしれよう。

それが生粋のサーフ・アングラーってもんだ。

フルキャスト!