April, 2009

- LURE -
SL14
・R50
sasuke技力
ZBL139F
NODE.130F
ヒラメスペシャル
135F / 125F
サーフPIXY
(ハンドメイド)

南房サーフ

久しぶりのサーフ、1ヵ月半振りかな。情報を取らずに行ったので、状況はよく分からない。"分からなくても行く→サーフを巡る→サーフ選別・状況把握→ポイント選別"という幾度となく繰り返してきたルーティーン。省きたがる人も多いようだけど、懐の深いサーフ・アングラーになりたければ必要なことだと思う。


満天の星空の下、ファーストキャスト

適度な波・下げ潮

流れは感じるものの、今のこの海況なら満足できるものではない。

右に移動しながらポイントサーチを続ける。SL14のリップが流れを掴み、オーバーホールしたばかりのセルテートのベアリングがゴリ感を増す。ダイワもこれを見越してリールを設計したのなら大したモンだ。

期待できる払い出し。離岸流といっていい規模かな。

ポイントの精査に入る。私なりの理論と経験。チェックする事項は然程多くはない。結果、ここはA級ポイント。ここで粘ることに決めた。

釣れないとショックがでかいな〜

空を見上げると、見える星は4つ


常用薄明


そろそろ来るかな


久しぶりのサーフに釣りせく気持ちを抑え、スローにスローにルアーを引く

グングンッ・グングンッ

体が反応しなし。悪い手応えにアワセを入れるのを無意識に躊躇っているのかもしれない。

ロッドが絞り込まれるのを待つが、待ちぼうけ。再びグンっときたところで中途半端なアワセを入れるが、状況は好転せず。

あっ、バレた。

頂き物のハンドメ・ルアーにチェンジしてフォローを入れるが空振り。

そのまま攻め続けるが反応はない。魚がいると仮定すると、ルアーを引くレンジが違うのか?引くスピードが違うのか?

ここ数年のサーフ・ブームのせいか、アングラーが多数押し寄せるサーフは、魚がナーバスになっている気がする。


SL14の色違いを投入するも反応はない。

少し場所をずらし、サスケ技力を投げる。このルアー、レンジ・アクションと私の好みドンピシャなのだが、ハイプレッシャーな今の時代においては飛距離が物足りない。

ヒット

久しぶりのヤリトリは正直、下手くそ。

ソゲ33cm

はじめにバラシたのが60位のスズキだと思うと、このサイズでその傷が癒されるワケはなく・・

ルアーをヒラメスペシャルにチェンジし、沖目も意識しつつ、攻めるレンジも下げる。

波うち際で可愛いライズ。

喰わないだろうなと思いつつもロッドを下げて丁寧にルアーを引くと・・・・

ヒット!!

グングン、ジージー。

オーバーホール明けのリール、ドラグがスムーズ過ぎるようで、思ったようなテンションを出してくれない。少し強引過ぎたのだろう、魚の影がチラッと見えた瞬間、ルアーがすっぽ抜けた。多分、そこそこ良型のコチと思われ・・。


てんでダメじゃん。俺。


2、3ヶ月、魚とヤリトリしてないと、ホント下手になっちゃう。


左の方を見ると、いい感じになってるポイントがあるんだけど、先行者あり。ここよりよさそうだ。様子を伺いつつ、キャストを繰り返す。

同じポイントで粘ると、再びヒット。

ソゲ36cm

ここも釣れるけど、できれば左のポイントに入りたい。けど、まだまだ粘ってる。

下げも一段落。居残り組みのヒラメ・マゴチを求めてランガン。その帰り道、やっと空いたポイントに陣取りもう一頑張り。結果は両方とも空振り。



う〜ん、今日の釣りはどうだったかな。そういえば、この釣りを始めたばかりの頃は、いつもこんな感じの釣果だったな。

理由は分からないけど、ふとそんなことを思い出した。