September, 2009

- LURE -
SL14
R50 LD F-G
sasuke 裂波
ヒラメスペシャル
125F
・サーフPIXY
(ハンドメイド)

南房サーフ

随分と久しぶりとなったサーフ釣行。メインターゲットはマゴチ。今年、まだ釣ってないんだ・・。シーバス・ヒラメをさくっと釣り、日が昇ってからマゴチをドンっと釣りあげ、砂物グランドスラムなら言うことなし。

で、1ヶ月前?もっと前?に入ったサーフへ。

離岸っぽいのがあったなと歩いて行く。確かこのへんのはずなんだけど、消えてなくなってる・・。これを頼りにこのサーフにきたんだけど・・。とりあえずキャストしながら様子を伺っていると、う〜ん、よくない。よくなりそうにもない。しょうがない。一から探すことにしましょう。

右側、ず〜っと同じ場所に沖へと続く帯状の筋が。離岸かな?

他のアングラーが迫ってきているので、そそくさと移動。

SL14を投げてみる。特に引き抵抗が強いわけではない。少なくとも、表層に強い流れはない。でも、なんとなく良さそうな気がする。ルアーチェンジして下のレンジを引けばいいポイントか否かはっきりするかもしれないけど、勘を信じてそのままキャスト&リトリーブ。

う〜ん、潮は下げ始めてるはずなんだけど、流れがいかんともまとまらない。

ここじゃない。外したな。早く気付いてよかった。

さらに右に移動する。今日の海の感じからすると、ベストと思われるポイント。

先行アングラーに叩かれていたけど、とりあえず今日はこのポイントに骨を埋めましょう。


釣れない

釣れない

釣れてる様子もない


9月にしては魚っけがない。キス釣りの人も空振ってるし。

それに、この時期にしては水が冷たいような・・

大きくポイントを変えるしかないかな。

・・・・んっ!?

立ち上がった波の中を疾走する魚が一尾。

ロッドに手応えがあるような、ないような・・。

ヒットだ、ヒットだ、イシモチ?フッコ?

ショゴ。肉厚です。外道です。



今日はこれで終わりのような気がするな、勝負あったかな。

でもここ、いいポイントだと思うんだよな。時合いは干潮付近??

とりあえずランガン。

今日はサーファーとやけにバッティングする。

サーファーが波待ちの間、ちょこっと叩かせてもらいながらランガン。

で、なかなかどうして、いいポイント発見。

もう一度、気合を入れ直して攻める。攻める。攻める。


ダメか。


の〜んびりとビーチコーミングしながら、骨を埋めたポイントへ埋めた骨を掘りに。




広く緩くヨレてます。私的にコチ場と呼んでいるポイントと化してます(↑画像は関連性なし)。でもね〜、朝一の反応の無さからすると、あまり期待はできないかな。それでも再度気合を入れ直し、ルアーもチェンジして攻める。

直ぐに結果は出た。



41cm。

ちょっと小さめ。

これで十分満足。

さあ、今日はもう帰ろう。