January, 2010

- LURE -
SL14
The FIRST 115F
sasuke 技力
sasuke 裂波
ヒラメスペシャル
125F/135F
・ZBL139F
・PIXY
(ハンドメイド)


南房サーフ


昨年末から、ランカーが回ってるってサーフの話は聞かない。私の貧弱な情報網での話。それでも、今日はマヅメと下げが重なる期待度の高い日。いいポイントさえ押さえられれば、そして1匹でもランカーが回ってくれば釣れるさ。

風が回ってます。ランカーじゃなくて・・。
風が房総半島をクルクルと。あるところは南風。あるところは北風。あるところは東風、あるところは西風。狙っていたサーフ、シュミレーションまでしてたんだけど、怪しい雰囲気なんでパス。追い風のポイントをポイントを選び、真っ暗闇の中サーフに出ると、まあ、いい感じかな。ここに入ることに決めて、車の中で一眠り。ホントは下見の時間にメバルやるはずだったんだ。

少し早めに起きて風向きチェック。よしよし、大丈夫だなってことで、準備に取り掛かる。今日はネオプレーンウェーダー。なんてったって、朝方は氷点下の予報。氷点下は寒いよね。

砂が凍っている。個人的に付けた名前は砂霜。踏みしめると沈みそうで沈まない、なんともいえない感触がとても好き。

そんな砂霜の上を歩きつつ・・・・

出遅れた・・・・

人が一杯います。気合入ってますね、真っ暗なうちから。昔からやってる私には、理解できないというか、カルチャー・ショック。1月のこの時期の平日、それも不調な年とくれば、まず人なんていなかったんだけどな。サーフ・ブーム、怖いです。

でも、まあ、よさそうなポイントが取れたので、マズメはそこで勝負を掛けることに。

期待しながらキャスト&キャスト。
う〜ん、悪くはない。悪くないんだけど、決定打に掛ける。潮は下げている。確かに下げている。下げているにしてはなんかこう・・・パッとしない。ウネリがマイナス方向に作用してる。厚いうねり気味の潮が、シャローで悪さをして、下げ潮の影響を打ち消してしまっている。

周りの様子を伺いつつ、キャストを続けるも、反応なし。


ああ、これはダメなパターンかも・・


変化のありそうなポイントはアングラーが入ってるな。移動できるとすれば、左の先のほうか・・。ホカロン貼り過ぎて暑いんだ。あまり歩きたくない。期待度が高かっただけに、パッとしない状況がやる気を削ぐ。


粘る。粘る。粘る。


ポイントとして決定打に掛けるにしても、魚が入っていれば反応あっても良さそうな地形の変化の感じられる場所ではあるんだよな。

反応なし

仕方ない。貼ってきたホカロンを全て剥がそう。そして歩こう。


・・・・離岸だ。
規模は小さいけど。どうりで人が溜まってたはずだ。やりたいけど、入れない。ただ、周囲もそこそこいい感じなんで、離岸を横目にやるか。

で、やってる最中にふと我に帰る。遠目から見ていたけど、確か釣ってなかったよな、ここにでやってる人達。離岸で釣れてなきゃ、その周りで釣れるはずもないかと・・。

一気にテンションも下がり、もうちょい先に行くことにした。


突然、風向きが変わった。


ルアーが飛ばない。糸ふけがもの凄い。波もパワーを一気に増してきた。

チャンスととるか、「あ〜あっ」と思うか。

これはもうチャンスでしょ。スズキ・スズキ・スズキ、もうワンチャンスあるよ。そうは思っても、いかんせん横風はどうにもならん。。波を読み、風を読み、キャスト。あまり読みすぎると1投もできなくなっちゃうおそれあり。。

手持ちで一番飛ぶ裂波で、一番飛んだ時でも飛距離20m位。この海況なら十分な飛距離だ。手前のサラシに届けばそれでいい。

・・・・

そう簡単には釣れないか、そうだよな。

・・・・

俺も諦めが悪いな。そう思ったとき、ロッドが絞り込まれた。リールのハンドルを巻けない。根掛り??。いや、動いてる。この底に張り付いてる感じは・・・・・座布団じゃん。

引く引く、でも、横に走った。座布団じゃなさそうな走りっぷり。

波打ち際、おっ、なんだ?。んっ、シーバスだ。しかも・・・・なぜか・・・・小さい。。

54.5cm。

なんであんなに引いたんだ。なんでだろう?


・・・・にしても周りに誰もいないな。
あれだけいたアングラーが私の他は2、3人ほど。


初釣りは状況悪すぎて早期撤退。もちろん、ボウズだった。

2回目にして今年初獲物をキャッチ。サイズ54.5cm。
ここから記録を伸ばしていくこととしよう。