February, 2010

- LURE -
・グラスミノーS / SS
・メバル節
・スクリューテールグラブ
・ストローテール
グラブ
・ストローテール
グラブ・スリム
・月下美人
カーリービーム
・ブルースコードC45
・ハンドメイド


南房漁港

内房漁港にて30分弱、まったく反応なく、予定より早く切り上げて南房漁港へ。

漁港へ着くと、適度な濁りにベイトっけたっぷりな状況。小魚が逃げ惑うピシャピシャって音が、あちらこちらから聞こえてくる。

ラッキーなんじゃね!

これはイタダキ♪だろうと、鉄板ポイントへの第1投

・・・・えっ?釣れないの?マジで??

首を傾げたピックアップ直前にルアーがひったくられてドキっとして、ここにしてはやや小さめの18cm



大きいのは底かなってことで、リフト&フォールで底まで誘ってみるも反応なし。軽くキャストしてルアーを沈め、ボトムをピコピコさせてみても反応なし。

表層には小さいのが、その下に中型がいるようだ。中型に狙いを定めるも、スレてるのか、やる気がないのか、私が下手なのか捕獲できず。小さいのを掛けたところで一旦この場所を見切ることにした。


よさそうなポイントなんだけど、いつもなぜかメバルはいないポイントへルアーを送り込むと・・・・ヒット!!中型、これも18cmくらいか。3投目まで反応があったけど、フックアップせず。本命ポイントではないので、あれこれ試すことはせずに移動。


船の際にルアーを落とす。リトリーブを始めると、コッ・コッっとルアーが突っつかれるが乗らず、明暗の際まで来たところで、再びグッときてこれも中型の18前後。

その後、ショートバイトが続く。

弱気ルアー・グラスミノーSSのカラーチェンジ戦略を諦めて、スクリューテールで2匹追加。でも、なんか違うな。これだけこのサイズの群れが表層をうろついてるってことは、やる気はあると考えて間違いなさそうだし、だとすれば、パターンがあるはず。釣れるパターンが。

色かなってことで、ストローテールのオレンジに変えた途端に入れ食いモードに突入。ビンゴだ!!


船の際にキャストしてフリーフォール。リトリーブを始める前にもうルアーを飲み込んでいるようだ。その時に魚を取りこぼしても、またすぐに食いついてくる。まさに入れ食い!!。サイズは18前後の元気なやつばかりで、楽しいことこの上ない。


「もう、このサイズはいいんじゃないか?」


「このサイズを狙いにきたんじゃないだろ?」


自問自答しつつ、今までとは違う引きに期待しつつ・・


19、5cm

よし、移動しよう。


回遊待ちポイント。キャスト&リトリーブを繰り返す忍耐ポイント。サーフでは回遊待ちで1時間2時間釣れなくてもなんでもないんだけど、メバルだと頑張って1時間。基本的にメバルの回遊待ちは苦手。

とりあえず足元を探ると、おっ、バイト。あっ、でものらない。んっ?なんだ、あっ、だめだ。そんなことの繰り返し・・。

こっちのメバルはオレンジはお嫌い??

ルアーチェンジしてハンドメからブルースコードのプラグ系で攻めるがノーバイト。

グラスミノーSにチェンジして、ヌ〜っとした感じ。

「ゴミが付いちゃったか?、う〜ん、まてよ、この感じは大型のアタリの出方じゃね?」

時すでに遅し。アワセてみるも乗らず。

その後、こちらも中型が釣れ続けたが、意外と早く魚がスレた。


さあ、ここから忍耐だ。

忍耐忍耐

忍耐忍耐

あそこなら入れ食いだな〜っと思いながらの回遊待ちはなかなかツライ。

たまに戻って、ストローテールのオレンジを投げると、やっぱ釣れるな。

そんな確認をして、また回遊待ち。

そしてズンっと・・、おっ、デカクね?

体高あるから一瞬大きく見えたけど、実は微妙??

測ってみたら20cmちょっと。


結局、アベレージ18cmで20匹以上の釣果だった。

なんだかちょっと中途半端な釣行になっちゃったな。とことん数にこだわればよかったと思うのは結果論か。攻め方のバリエーションも少なくない?って思うんだけど、ついつい同じ方法を繰り返してしまう。まあ、焦らずのんびりとステップアップできればいいか。