December, 2010

- LURE -
SL14
ZONK 120
sasuke 裂波
ヒラメスペシャル
125F


南房サーフ

今年の秋から初冬にかけての私は、キス釣りモードだった。ルアーもたまに投げてはいたものの、釣果どころかアタリさえなかった。本格的な冬に入り、勝負をかけるはずだった年内最後の大潮周りを逃してしまった。今年はこのままめぼしい釣果はなく終わるかもしれないな、そんなことを思いながらの小潮釣行。ただ、タイドグラフを見ると、朝マズメに潮が大きく動く。まだまだチャンスだ、そう思った。

釣行場所に選んだのは、前回の夕マズメに入ったサーフ。この前はウネリパワーが怖くてすぐに撤退した流れ込み&離岸狙いだ。

めぼしいポイントへルアーを投げ込みながら、テクテクとポイントまでランガン。前回と比べて海は穏やかだし、ポイントにも立てるだろうと思いつつ・・・・、あれ、この辺だよな。

まさかの離岸消失。

いや、まだその名残はある。長い間あった離岸なら、その名残さえあればそこそこいけることが多い。

ルアーを投げてみる。流れもあり、やはりそんなに悪くはない。ただ、この離岸がいつからあったのか分からないのが引っかかる。ここまで来る途中に見つけたポイントのほうが、経験上ポイントランクは上だ。ここが[B+]なら、あちらは[A−]。常用薄命のゴールデンタイムに入り、悩みつつも[A−]ポイントへ引き返すことにした。

こっちのほうがやっぱりいいかな。

上げ潮もきいている。そのために流れの本線が右に左に移動する。それに合わせて私も移動する。

さすがに釣れるんじゃねぇ?

回遊があれば釣れるはずと信じて、ひたすらキャスト&リトリーブ。しかし、結果は出ない。どうする?、もう少し粘るか?。いや、もう十分粘った。それに潮が上げてからは、それほど価値のあるポイントではなくなってしまったようだ。

マズメ時に小さな鳥山が立っていた方向へランガンすることにした。



鳥が数匹、海に浮いている。このあたりかな。

左手に波が立ち、正面は穏やか、右は流れを受けている、一見そんな感じ。波が立つのがやや沖目だから、その手前を打つのがいいかな。けど、なんとなく違和感。よく観察すると、穏やかに見えるところに強い流れが走っているようだ。今は潮が動いていないからこの程度なのであって、きっとこっちが本命ポイントだ。ただ、地形がいまいちはっきりしない。ちょっと迷うところではあるけど、正面を攻めることにした。

日が高く昇り過ぎたかな。雲から太陽も顔を出し、一気に光量が増した。

時既に遅し?、いや、まだチャンスはある。上げ止まり寸前に最後のチャンスがあるはず、そう信じて攻め続ける。海からのリアクションを得るのにさほど時間は掛からなかった。

ヒット!!

んっ、重い。シーバスか?鰓洗いしないし、走らない。獲物を寄せつつ考える。

これ、いいサイズのヒラメじゃねぇ?

残り5メートル強、寄せ波に乗せ損ねた。次の波待ち。姿は見えない。少し手前に出るも、獲物はそれほど抵抗しない。その場で底にへばり付きつつ反転しているようだ。

だめだめ、逃がさないよ。

テンションを保ちつつ、

パンッ♪

えっ!?

テンションが抜けて、ラインがロッドチップにまとわり付く。

えっ!?

えっ!?

まさかここまで寄せておいてのラインブレイクかよ!?

・・・・

・・・・

うっ

・・・・


もの凄くブルーな気分の中(数年に一度の超絶ブルー)、キャスト再開。

カミハワレヲミステズ

ルアーが止まる。根掛り?と思った瞬間、鰓洗い炸裂。

手応えはいいな、フッコにしては重過ぎる。けど、ラインは1mmも出て行かない。よく分からないけど、寄せちゃえってことで波打ち際。手応えやや悪化。既に心の中では50%以上の確率でバラシている。

波に抵抗せずに乗ってくれたおかげで、楽にランディング成功。


予想外の74cm強

このサイズでドラグが効かないのはおかしいとチェックしてみるも、特におかしいところはない。そろそろ大掛かりなリールのオーバーホールが必要なのかもしれない。


十分満足なサイズではあるが、なぜか気は晴れない。超絶が取れてブルーな気分になったくらいだ。だって、グッドサイズの旬もののヒラメのほう・・・・ちょっと女々しいか。

まだいけるかな?


56cm

まだいけるかな?

反応はない。さすがに日が昇り過ぎたかもしれないな。

バシャっとボイル発生。高速でルアーを回収してキャストするも、ルアーは何事もなかったかのように戻ってきた。


気分はライトブルー。

でも、よくよく考えてみると、そんなに悪くはない。むしろ、良い結果だった。



終わりよければすべてよし。

今年も海に感謝しつつフィナーレ。