January, 2011

- LURE -
SL14
ログサーフ124F
sasuke 裂波
ヒラメスペシャル
125F
・ZBL139F


南房サーフ

今年2回目の釣行、問題はどこのサーフに入るかだ。

前回こそはタフ・コンディションでボーズだったが、昨年末に2本揚げたサーフが本命。予報だと波は程よいようだが、風向きは悪い。新年早々2回続けて修行のような釣行は避けたいところだ。本命サーフは封印し、別のサーフに入ることにした。

少し早く到着。最近購入した寝袋に入って暫しの仮眠。寝袋を買ったのは、いまさらながらエコのため。暑いときは車のエアコン(エンジン)切れないけど、寒い時は寝袋でどうにかなるだろう。

予報では氷点下。車の外に出てみると、風が弱いせいか、さほど寒くは感じない。ただ、氷点下なのは間違いないようで、水分を含んだサーフの砂は凍っていた。

浅そうだな。

久しぶりに来たサーフの第一印象。この日は10時位までだらだらと上げていく潮回り。まだ潮は上げ始めていないようだ。

エントリー付近のめぼしいポイントを叩いてみるが、パッとしない。納得できるようなポイントがない。本命と思われるブレイクラインまでが遠く、その手前を中心に攻めざるをえない状況だ。う〜ん、このあたりじゃ釣れる確率低いよな、ただでさえ釣れていないサーフみたいだし。このまま朝マヅメ入りしてしまうのは非常にまずい。前回このサーフに入った時の記憶を頼りに、プチ移動することにした。

ビンゴ♪

プチ離岸。まだ浅いからか流れが入組んでいるけど、それがまたいい感じだ。
Aランクのポイント。ここで釣れなきゃ嘘でしょう。

・・・・

・・・・嘘?

1時間経過も反応はない。

ベイトもいるし、ここでしょう。ここで間違いない。てか、ここで釣れなきゃ嘘でしょう。

って、だから嘘なのか・・・・

なんか禅問答みたいだな。

とにかく今日はこのポイントにすべてを掛けることにした。


潮が動き出した。

ん、んっ・・・・軽くアワセる。

グングンと生命反応あり、ヒット!!

所々に根があって、強くアワセを入れにくいんだけど、十分ウェイトも乗ったし大丈夫だろう。

ニュー・セルテ沈黙。

小さいのかな?、手応えは結構いいんだけど。

波打ち際、前に出て耐えつつ、次の波待ち。この瞬間ってなんとも言えない感じがする。期待と不安のコラボレーション。

ちょっと長めのコラボの後、波に乗せて無事にランディング。

結構デカイじゃん。


67.5cm。ZBL139F丸呑みだ。


よしよし、やっぱり釣れたか。そうだよなと思いながらキャストを再開しつつ、ふと思う。サイズ小さくね?もちろん悪くないサイズなんだけど、時期的にもポイント的にもランカーサイズが出て良さそうだよな。日が昇り過ぎたのと、波っけがなく潮がクリアーなのがいけないのかな、多分そうだな。

変に納得しつつ

波間に見える大量の魚影。薄気味悪い位の数。丸いシルエットはメッキかな。メッキにしては大きいな。ミノーにはまったく興味がないようだ。

再び静かになった海。

裂波あたりを投げて、少し攻めるレンジを下げたいんだけど、ZBLでさえもたまに根をかすめて”ドキ”とするありさまだから、なかなかそれができない。

ZBLよりは少し潜るんじゃないかな。ログサーフ124Fにルアーチェンジ。

まったりとした時間が流れる。

今日はもう終りかな。

予想外に潮が動き出した。

それじゃあ、もうひと勝負といきますか。気合を入れ直す。

ヒラメ釣れないかな〜

ヒット!!

サイズアップか!?

さっきよりも引いた気がしたんだけど


49cm

よしよし、あと何本かは追加できるんじゃねぇ。新年の挨拶代わりに○○さんと☆☆さんに配って帰ろう。なんて邪念のせいか、その後、沈黙。

さあ、来週の大潮周りに期待が持てるぞ。

問題はどこのサーフに入るかだ。
(後日談:結局どこのサーフにも行けなかった、とほほ・・・・)