July, 2011

- LURE -
SL14
sasuke 裂波
ヒラメスペシャル
125F


南房サーフ

初夏の頃、海は釣果も華やかで、私の好きな釣期のひとつ。ただ、今年は初夏というよりはもはや真夏、暑いね。明け方前、駐車場に車を停めて外に出てみると、むっとする暑さ。予報では21度だけど体感は25度以上。ウェーダー履くの嫌だな〜。とは言え、水温はまだ低いみたいだし、短パン&サンダルってのもなぁ〜てか、サンダル持ってきてないし。

暑くなってくるとコチをド本命にしたいところだけど、今回は前回ノーバイトに終わったサーフにリベンジへ。だってあのポイントで釣れないなんて納得できない。私は意外と執念深いのだ。

・・・・・・・・)))))))  濃霧 (((( (((・・・・・・・・

一番手前のブレイクが微かに見える。視界はおそらく20mほど。

幻想的・・・・を通り越して・・・・怖い。

潮周りは2週間前とほぼ同じ。明け方は潮位が高く、その分ポイントが遠く、前回のような向かい風だと、フルキャストしても攻めれる範囲は着水から3分の1ほど。今日の風向きも微妙なので、ミノー使いの私はNODE.とかタイド・サーフとかの飛び系ルアーを多く持参。案の定、向かい風気味だったけど、凪のおかげで随分と前に立ち居地が取れた分だけ楽だった。

目視でのポイント選びはできそうにないので、前回の記憶を頼りにポイント選びをするも、だんだんとモチベーションが下がってきた。凪&潮どまり&濃霧でどう攻めればいいんだかさっぱりだ。雨も降ってくるし。

そんなイライラの中、やっと霧が少しだけ薄くなり、それと同時に潮が動き、波が立ちはじめた。

離岸とはいえないけど、潮が流れてるじゃん。霧の中からAランクのポイントが出現。地形は前回と変わっていないようだ。10m程右がヨレているので、すかさず移動。遠浅海岸のその中でも浅いところは、ポイントをピンで選べることは少ないくて、エリアとなることが多い気がする。エリア内なら釣れる確率は高いけれども、どこでも均等に釣れるワケではなくて(特にフラット系)、やはり立ち居地によって差が出る。じゃあどこに立てばいいのかといえば、そのひとつがヨレの前。

そんなヨレの前に移動して2投目。

キャストも決まってこれは釣れちゃうんじゃねぇ!?と思ったら、本当にヒット♪

アラフォー。ルアーはSL14。

♯5のフックがお口にジャストサイズで、外すのに手間取って焦りまくり。よいポイントの前だと、スズキの群れがグルグル回ってるんじゃないかとか、そんな空想が頭のなかをグルグルと回り、とても焦るんだ。

再びキャストを再開するも、反応なし。

・・・・・・・なぜ??

潮がとまり、釣れそうな雰囲気もなくなった。

霧の中のまだ見ぬポイントへ旅立つことにした。



そこそこランガンして、これまたソコソコのポイントを発見。スズキを狙うならコッチのほうがさっきのポイントよりパワフルでいいかもしれない。霧がまた薄くなって、2〜300メートルは見えるようになり、ここから先はそこそこよさそうなポイントが並んでいるようだ。それでは順番に叩いていこうと思ったら、進行方向に入られてしまった。

暑くなってきたし、追い越して先に入る気もしない。

30分ほど攻めた後、再び先ほどのポイントに戻った。

再び濃霧。光が絶妙に反射して前がほとんど見えない。

後ろを見て立ち居地を確認し、ここかなと思ったらヒット!!

アラサー。ルアーは裂波。

暫し沈黙の後、ちょっとポイントをずらして

アラフォー。ルアーは裂波。

う〜ん、3枚釣れはしたけど、おもったより爆発力のないポイントだった。スズキの回遊はないんだろうな、現状このサーフには。

まだ下げ時合は続くから粘ろうかとも思ったけど、回遊があるならいままでに何かしらの反応はあるよな〜。キス釣りの準備もしてあるので、早上がりすることにした。

さあ、次回はコチをド本命で狙ってみようかな。あまり暑くなければだけど。


 どうやら私が選んだサーフは水温が低く、この日は18度程しかなかった模様。この後のキス釣りも駄目だったし、スズキを狙うには水温が低かったかな。