June, 2013

- LURE -
SL14F-G
ログサーフ 124F
ヒラメスペシャル
125F
ヒラメスペシャル
135F
sasuke 120裂波
ZBL139F


南房サーフ 〜 一発ツモ

いつの間にか6月になってました。今年の釣行はこれで3回目。別に飽きたとかそういうワケではなく・・・・

初夏の頃
どこもかしこも水温は20℃以上。サーフの砂物はシーズンイン。賑やかな季節ですね。行けるだけ行きたいんだけど、、無理すると40肩が・・・・(汗)

スズキ・ヒラメならあそこ。マゴチならあそこ。朝マヅメは潮が動かない潮周りなもんで、潮が動く時間を優先してマゴチを狙いに後者のあそこへ。房総一帯凪っぽいから、スズキはちょいと厳しそうだし。

我ながら引きが強い

離岸一発ツモ!!

いやいやいや、マジですか。先行者もいませんね。これって結局釣れてないってことなんでしょうなぁ〜。

ググッとSL14のリップが水を掴み、ロッドチップが引きこまれ、リールを巻く手に力が入る。ちょっと波が足りないけど、それでもここならスズキさんいけるっしょ。

”超絶ナイススポットにルアーが着水。サラシの下、離岸の中。

お前は既に釣っている!!”

以下””内リピート。

え〜〜〜〜〜〜〜っ、釣れないの〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ

いやはや、これは魚が入ってないな。。

んっ、あっ、ヒット!!

おっ、重い、首フリ

結構良型? コチ?

でもダメ これバレる

手応え悪し 万事休す

バレるバレるバレるバレるとつぶやきながらも結構寄せた。いやこれラッキーにも獲れるんじゃねっと色気を出した瞬間、バレた。

頑張ったよ俺。最後に期待した分だけ、ショックが大きくなってしまった。

推定コチ55cm。

バラシたんじゃない。50%釣った。そう前向きに考えよう。


50%釣ったはいいけど、それでも魚が入っているとは思えない。寄っているなら、このくらいのポイントなら連荘するはずだし。

更に1時間弱粘って反応がないことを確認し、旅立つことにした。

・・・・

旅先ではノン・アバンチュール

・・・・

先ほどのポイントに戻ると、たいした数ではないがカタクチが打ち上げられていた。

お〜〜、拾うべ・・・・じゃなくて、チャンスだろうと。まあ、レジ袋持ってたら拾ってたけど。結構良型のカタクチだったし。

寄せる波足の中。大量のカタクチが泳いでいる。ボイルはなし。
波打ち際、目を凝らして見てみると、エイにサメ。外道のオンパレード。小さい小さいサメがカタクチを突っついているのも見えた。弱肉強食。

ここで5匹キャッチした。カタクチを。

よし、これでボウズじゃない。ボウズじゃないんだ。

ヒット!!

そうだよね、そうだよね、やっぱこの状況なら釣れるよね。

良型シーバスを思わせる引きから過去に記憶のある引きに変化。

座布団じゃね?

座布団から過去に記憶のある別の引きに変化。

エイだな。

エイだった。


ちょいと前から雲が流され、太陽が顔を出し、ウェーダーの中は汗でぐっちゃり。
もう予定していた終了時刻は過ぎているけど、マゴチの体温も上がって動き出すんじゃね?ってことでもうひと勝負。


朝にマゴチをバラシたルアー裂波が、もう一度俺にチャンスをくれと訴えてきたので、出番を与えることにした。

裂波、起死回生のヒット!!

エイじゃないことを祈りつつも、こやつもちょいと手応えが悪い。ただ、バラシた後に緩めておいたドラグが幸いしたのか、無事キャッチ。

コチ46cm。

梅雨の合間、初夏の陽射しの下、足元に横たわるコチがいとおしかった。