Apr, 2016

- LURE -
SL14F-G
・ヒラメスペシャル
125F

sasuke 120裂波
ZBL139F


南房サーフ 〜 紺碧の海

2016年初サーフ。プチ高台から様子を伺う。

とりあえずあそこかなと思ったポイントは先行者あり。うぬぬぬぬっと思っていると、背後にただならぬ怨念を感じたのか移動していった。

キャスト1投目、ルアーが真横から帰還

10年以上前、とある駐車場で帰り支度をしていると散歩中の人に話しかけられ、千倉にヒラメ釣りの名人がいて「潮が横にガンガン流れてる時がいい」って言ってな〜っと。

ポイントは私もよく入っていたところで、地元勢に人気のあった場所。その中のひとりに、「ここは沖に根があるからみんなそこを攻めるんだよ」と教えてもらったんだけど、私が投げていたR50を見てそれだと届かないよと。当時、ミノー投げている人は少数派でした。

2人の話を組み合わせると、7〜80メートル先の根回りのあたりを潮がガンガン流れているときに攻めるのが名人の仕事で、経験上、そんな時間帯に合わせて来て高確率で釣って帰る。

「車があったからちょっと前に来たんじゃないかな。」
私はすでに帰るところ、これからやるのか、いろんな攻め方があるんだな〜っと思ったのでした。ちなみに私、その名人に会ったことはないのです。

ミノー使いの私はルアーが極端に流されるときに良い思いをしたことはないような・・。気のせいかな。ただまあ、延々と凄い勢いで流され続けるってことも荒れ狂う海以外ではそうそうないので、とりあえず下げ待ち。

ウロウロすること1時間弱。下げ始めたけど、う〜ん、なんか物足りない。
地形と潮位があってないって感じか。

陸側の地形の変化が多い方向へ移動開始。

強い流れがポイントを分かりにくくしているのか、ポイントを絞り切れない。

良いと思ったポイントに入ると、すぐその隣のポイントが良く見える。そこに移動すると、その隣が、元いたポイントが良く見えてくる。

だめだこりゃ。。



そんなときは・・・・ランガン。


残りの時間はランガンで行くことに決めた。
沢山いるアングラーの間をランガン、ランガン、ランガン。
誰のロッドも曲がっていない。ヒラメにはベストな雰囲気なんだけどな。

下げ8分、逆方向に戻りランガン。波も落ち着いてきて、マゴチ日和な感じに。
釣れないかなあ〜、水温的に厳しいかな〜っと考えながらキャストを繰り返していると

ロッドに重みが・・・・


おっ、おっ、おっとの向こうアワセ。


結構重い。ランカーシーバス?良型ヒラメ?

ドラグを絞めること2回、まだラインが出ていく。

まさか奴か、いや、まだ分からない。

あっ、やめて。ゆっくりと沖に横に動くのは・・

これはエイ。

きっとエイ。

やり取りが雑になる。テンション下がる↓↓

波打ち際まで寄せると反転、そんなことを何度か繰り返した時にチラッと見えた魚影、デカ頭。

マゴチじゃないっすか、、

やり取りが慎重になる。テンション上がる↑↑

スレ掛りのマゴチ、大きめの波に乗せて何とかランディング。

結構良型じゃないっすか!

58cm

フックはすべて貫通しておらず、危険な状態でした。


よし、もう一匹釣ったるで〜。けど釣った場所どこだ??
振り返ると随分と浅くなっていた。そんなにすぐに下げるのか、潮って・・・・

しばらく粘るがノーバイト。

朝一で攻めていたポイントに戻る。
パラダイス。なんだ、やっぱりいいポイントだったんじゃん。

だけど既に私はお帰りモード。ラインはすべてスプールにあり、ルアーはプラケースの中。う〜ん、どうすっかな、やっぱ帰ろ。

このマゴチ1匹で今日は満足なのです、はい。