4色先に願いを込めて・・
ひっそり運営中。

キスの投げ釣りをメインに、ルアー以外はすべてこちらにアップです。
2005年途中からロングバージョンの釣行記をブログ(フルキャスト!)にアップしてます。
 気になる釣行がありましたら覗いてみて下さい。


釣行日 釣行コメント
1/23
館山湾内
今年初のキス釣りは目標10匹。まずは去年の12月に小爆釣したポイントへ(この釣行は不掲載)。期待しつつもキス1・ウミタナゴ1の貧果に移動を決意。移動先の某護岸もさほど芳しくなく・・。それでもほぼ毎回、何かしら釣れた。キスもここで1日やれば目標達成できたかも。結果、本命キスは3匹。その他、イイダコ・メゴチなどなどで5目釣り達成。
3/23
富浦湾
解禁早々のボート釣り。1投目から20cmアップが釣れた。まさか、このサイズが本日のアベレージになるとは思わなかった。次も、その次も、釣れるのは良型だ。反応が無くなっても、投げる場所を変えれば再び釣れ始める。ボートを漕いで移動する必要はなし。外道もほとんど釣れることなく良型のキスだけが釣れ続けた。67匹の釣果に大満足。
5/22
鴨川
東条海岸
鴨川シーワールドに行ったついでの投げ釣り。夕マズメ前の2時間程の釣行。海藻が邪魔をするんだよね〜。やっと探し出したキスの着き場。小さいアタリを拾うも、回収中に海藻に引っ掛かって・・。結局釣れたのは2匹、1匹は良型。
海が落ち着けば、ツ抜けは堅いんじゃないかな〜。なんとなくそんな印象を持ちました。
6/20
三島海岸
前回とは違い、気合の入った投げ釣り。浜からフルキャスト。隣のキャスターが2連で釣り上げているのを見て、テンション上がり気味の1投目。幸先よく4色付近でアタリ。キスかな?慎重に巻き上げるとキスのトリプル!。ジャスト・テンプラサイズ。あっという間にツ抜け達成。いや〜、いいペースだね。その後も順調♪。結果29匹/3時間。満足。
7/6
三島海岸
再び三島海岸。全線開通した館山道をひた走り、午後4時着。思った以上の爆風。浜に立つと砂が肌に突き刺さる。一気にテンションダウン。仕掛けを投入すると、あっという間に流されて左45に。更にテンションダウン。早々に巻き上げると、中型キスが付いていた。一気にテンションアップ。以後、6時位までポツポツと釣れ続けた。結果18匹。
7/25
三島海岸
毎度の三島海岸。台風の影響もそろそろ無くなっているはずと出撃。濁りはないが、水の色が緑っぽい。3投目まで沈黙。4投目、大きなアタリ。姿を現したのは22.5cmの良型キス!。暑いからほとんど移動せずに25匹/3.5時間。そんなに釣った印象はなかったんだけど、一荷が多かったからかな。力糸〜4色。2色付近でアタリが多かった。
7/31
三島海岸
毎度毎度の三島海岸。そろそろ他所にも行ってみたかったりもするけど、やっぱりここに足が向いてしまう。今回も釣れたのは4投目。3本針に良型パーフェクト。1匹のるごとに穂先が”ググッ・ググッ”っと絞り込まれる。楽しいね〜。その後、しばし沈黙。太陽が傾き出した頃からアタリが多くなり、結局は35匹釣れた。本日も満足。
9/3
内房
岩井→保田
鴨川か三島に行きたかったが、台風のウネリが入り、竿を出せそうな感じじゃない。ならばと内房、岩井海岸へ。1投目でクロダイが釣れるがその後沈黙。1時間程で見切って保田へ移動。三島ほどの爆発力はないものの、18cmクラスが短時間ながら釣れ続けた。このサイズが16匹、その他ピンが6匹。まあまあかな。
9/14
保田
台風が通過してから日は経ってはいるものの、無難なのは内房かな。保田へ。ピンギスが多く、前回の割合(ピン:18cmクラス)をひっくり返した感じ。飛ばすほど型が良かったけが、この日のキャストは絶不調・・。オマケに向かい風・・。まあ、こんな日もあるさ。釣果は18cmクラスが11匹、ピンギス多数にアゴナシ、ヒイラギでした。
10/3
保田→岩井
保田から始めるも、ピン・ピン・ピン。あっちもこっちもピン・ピン・ピン。ハズレなしでもれなく付いてくる。これじゃどうしようもないってことで、移動。岩井と元名で迷いつつ岩井へ。サイズは一回り大きいけど、やっぱりピンになるのかな。それでたま〜〜にアタリが分かるサイズが釣れる。数は申し分ないんだけどな〜。最大21cm、90%はピンだった。
10/18
保田→岩井
今日も外海は荒れ模様。岩井へ直行しようかな。ただ、保田の調子が台風の影響が一段落してから上向きらしい。で、寄ってみたけど・・・・。すぐに岩井へ。岩井は前回とほぼ変わらないかな。ピンのようなピン卒業のようないわゆる岩井サイズ?が沢山釣れる。5本針に3、4匹は当たり前で良く釣れた。ただね〜、サイズが・・。



釣行日 釣行コメント
5/10
富浦湾
今年のキス釣りは出だし遅く、5月からスタートは久しぶりのボート釣り。天気予報が外れて雨が降ったりやんだりの中、数を地道に伸ばしていく。活餌のマゴチ仕掛けも出すがマゴチは釣れず。エサは3度持っていかれたが、その正体は分からない。キス47匹で終了。雨が降らなければやる気がアップしてもっと釣れたかも。詳しい釣行記はブログで。
7/14
7/16
九十九里浜
九十九里浜でイシモチ狙い。
14日は到着後、すぐに雷が・・。2投で終了。それでもなんと1投目でマゴチが釣れた!
2日後にリベンジ。
早い潮の流れに苦戦しながらもなんとかイシモチの顔を見ることができた。塩焼きが美味しかった。長編の釣行記がブログにあります。
7/31
内房
袖ヶ浦
南房サーフに行った時にキス釣りもしようかな〜ってことで買ったジャリメ。結局使わなかった。
このまま捨てるのは忍びないってことで、潮周りもいいし電気ウキを浮かべてセイゴ狙いへ。
ウキがスーっと沈み巻きアワセすると元気な引き。慣れないタモ入れが決まって気ゲットはフッコ45クラス。結局、狙ったサイズは釣れなかった。
8/23
内房
布引海岸

内房
袖ヶ浦
今年始めての投げキス。釣り場へ向かう途中、もの凄いスコールに見舞われるも、布引海岸上空はギリギリ雲にかかってなかった。2投目、1色でアタリ。良型が2匹釣れた。期待するも・・。後半、ゴミがひどくなり撤収。2時間半で5匹でした。
その後、移動して7/3と同じ場所でセイゴ狙い。雨後で期待したけど・・。それでも本命セイゴサイズが3匹釣れた。
9/9
館山湾
キスの投げ釣り予定だったが、予定していた場所は大混雑。ちょい投げ釣行となった。ちょい投げって意外と楽しいんだよね。この日はメゴチ&ハゼが高活性。キスが喰う前に全部こいつらにエサが喰われた感じだ。主な釣果は良型アナゴ、それにイネゴチ。夜釣りでマゴチが釣れた。”メ”・”イネ”・”マ”のコチ三冠を達成。
9/21
鴨川
東条海岸

外房漁港
久しぶりに鴨川でキスの投げ釣り。1投目、エサが全部取られた?否、針が一本しか残ってなかった。ちなみに5本針仕掛け。その後もフグの猛攻に成す術なし。ガッ・ガッ・っとしたアタリはアゴナシことツバメコノシロ。この日、一番沢山釣れたのがコイツ。肝心のキスはなかなか釣れない。釣れれば平均18cmと型はいいんだけどね。7匹で終了。その後、移動してアジ釣りするも・・1匹。
10/19
岩井海岸
岩井も久しぶりだな。夕マズメを狙って午後からのキス釣り。1投目から良型のキスゲット!!。2投目は3本針に小中型の2連。今日はこのまま確変突入か!?。そんなに世の中甘いことはなく、以後、スローペースに落ち着く。ソゲゲット。美味しいサイズなのでお持ち帰り。日が傾いた頃、大きなアタリ。マゴチ61cm。よく獲れたな。我ながらビックリ。キスは20匹程。楽しかった。
11/17
富浦湾
今年2度目のボート釣り。波高く・気温低くと少しばかり忍耐の釣りとなった。キスは飽きない程度に釣れるもサイズはピン主体。物足りないな。
マゴチ・ヒラメ狙いの活きエサ仕掛けは、エサがかじられるだけで針掛りせず。
そんなこんなでクーラーの中にはキスが42匹。リリースを含めると50匹程の釣果。う〜ん、こんなもんかな?



釣行日 釣行コメント
2005年
2/9
館山湾

南房漁港

今年のエサ釣り第一弾はキスの投げ釣り。越冬ギス狙い。
実は私、越冬キス狙いがスキ。年に2、3回は行っているんだけど、今シーズンは今回が始めて。気合が入る。釣行地は館山湾。他に釣れてるらしいポイントもあるようだけど、やはり越冬キスといえば私の中では館山湾。
いきなりスゴイ鳥山に遭遇。私を歓迎するかの如く?舞い続ける。
日本野鳥の会の人達でも数えることはできまい・・。
1投目からなんと2連で天婦羅サイズをゲット。
しかし現実は甘くない。3投で1匹釣れればラッキーのスローペースに落ち着く。さびくスピードを落とすと、お約束のメゴチも登場する。
今日一番のアタリ+引きは、ソゲか・・マダイだ!!・・あれ、クロダイ・・ウミタナゴでした。そしてギマも登場。「肉質はカワハギに似て美味しい。」ってあったけど、本当?リリースした今となっては分らない・・。

夕方5時頃にプチ入れ食いタイムに突入したため、目標としていたツ抜けは楽々クリアー!う〜ん、満足。なんてったって、2時間チョットでこの釣果。この時期は丸一日粘っても滅多にこれだけの数は釣れない・・・・はずです。

越冬キスのツ抜けに満足しつつ・・、強くなる風に不安を感じつつ・・。
漁港着も、ものすごい風。これは残ったジャリメをエサに電気ウキでやるしか方法がないかな〜でヒット。グッドサイズの引き!20.5センチ。これはルアーでも釣りたいけど無理かな〜っと思いつつ・・やはり無理。強風から爆風になったところで退散。本日は五目達成。万歳!!
2/27
館山湾

南房漁港
前回の越冬キス狙いに気をよくし、全く同じパターンで釣行。一投目からキスが釣れるも小さい。唯一の自慢はメゴチ20UP。実釣2時間でキスは13センチを頭に5匹・・。
続いてはルアーでメバル。南房漁港を新規開拓。開拓失敗?。まさかのbo・u・zu。バイトは実釣2時間で4回でした。
4/1
館山湾
ポカポカ陽気に誘われて、ノンビリとキス釣り。ノンビリとは言っても、置き竿にできない(笑)。ユックリとサビキながらキスのアタリを待つ。隣のルアー少年はカサゴだかソイだかをゲットしたよう。私はなかなか釣れない。オマケにカラスがジャリメのパックをくわえて飛んで行った。結果7匹(良型1匹)。もっと釣れると思ったんだけど・・。
6/13
館山湾

内房
袖ヶ浦
投げ釣りでのキスの釣果も聞こえてきたので出撃。釣れているらしい場所はあまり好きな場所ではないので、館山湾の某堤防へ。釣れないと嘆いていると、なんと足元に良型が付いていた。その後、根回りを中心にポツポツと釣果を伸ばしてツ抜け。実釣2時間半弱だから、いいほうでしょう。サイズも最大19cm、平均15cmとなかなかのものでした。大満足。

その後、ジャリメも残ったことだし、これをエサに電気ウキを浮かべてのフッコ狙い。
なかなかウキは沈まない。風がやや強く海面がざわついているので、もしやと思いタナを浅くするとビンゴ。下手なタモ入れもクリアして、ゲットはフッコ59cm。あと1cmだったのに・・。
7/18
内房
富津
キス→アナゴ→フッコの予定で出発。予想以上に風が強いので、サーフは諦めて漁港で釣りを始める。追い風のポイントを選んだが、怖くて堤防の際には立てない位の爆風。底荒れしているのか、まだ日が高いのにアナゴが釣れた。
後のサーフの砂が爆風で巻き上がり、肌に突き刺さって痛い。早々に退散。
少し詳しいブログの釣行記もあります。
9/3
内房
岩井→保田
→布引海岸
台風のうねりが気になるものの、内房サーフへキス狙いで出撃。うねりは致命傷ではないが、いかんせん海草・ゴミが多く、毎回仕掛けに絡みつく。岩井・保田ではノーゲット。
布引でキスのアタリ数回。何とか良型を一匹ゲットした。すべてアタリは2色程の場所だった。詳しい釣行記はブログで。
9/30
内房
布引海岸
キス釣りで出撃。一投目で15・11・11cmと3本針にパーフェクト。これはいけると期待したが・・。4本針に変えると毎回3匹は付いてくるが型が悪い。目を閉じて神経を集中しないとアタリがとれない極小サイズのオンパレード。7cmとか8cmとかのサイズ。写真はソゲ30cm。巻き上げ途中のピンに喰らい付いてきたよう。ヤドカリも釣れた。少し詳しいブログの釣行記もあります。。
11/10
南房館山
キス釣り。鴨川が不発でもこの時期一度は行かないとね。館山まで南下して初めるも、こちらも前回と同様の極小サイズが・・。こいつらよりも高活性なのがハゼ。オマケにチビ。それでも、秋の海は毎回何かしら針掛かりしてきて楽しかった。
結果、17.5cmを頭に10匹程。
詳しくはブログの釣行記で。




釣行日 釣行コメント
2004年
7/27
館山湾内
サーフ
キスの投げ釣り。
好調らしい?館山湾を狙いに定め、夕マズメの実質2時間半程の釣行。20センチクラスの比較的良型を何とか2桁。最高21センチ弱。日が暮れ始めると同時にアタリがなくなる。力糸から3色半。よく釣れたのは1色半の近場。グッドサイズに大満足。
8/10
内房
袖ヶ浦
電気ウキを浮かべての夜釣り。
丸セイゴに青イソメを房掛けにして狙うはフッコ。タモ網も用意して準備万端。しかし、なかなか釣れない。たまにウキが沈むのは当歳魚。エサだけかじっていく。その後、ぽつぽつ釣れ始めるもセイゴのみ。最大30センチで8匹。適度に風もあり、夕涼みに最適でした。
9/16
内房
岩井海岸


内房
袖ヶ浦
久しぶりの岩井海岸でキスの投げ釣り。午後4時頃から実釣開始。
こまめに移動すると、それに答えるかのように、5本針に5匹パーフェクトなど数は順調に伸ばすも型がイマイチ。岩井サイズか・・。最大20センチ弱、アベレージは10〜12センチ。アタリが小さく、モゾモゾした感じで分かりにくかった。なんでだろう?
続いては、残ったジャリメをエサに電気ウキを流してのフッコ狙い。前回と同じ場所を狙うも、釣れるのはセイゴのみ。
本流を中心に攻めサイズアップを狙うも反応が悪い。セイゴまたセイゴ。
アベレージ20センチで5匹。
半袖では寒かった。
10/8
鴨川
東条海岸

三島海岸

館山湾

岩井海岸
鴨川神話/2004年〜落ちギス奮闘記
毎年10/10前後に落ちギスが釣れまくるという鴨川神話。私が知る限り、10/3(日)は束釣り当たり前で釣れまくってたよう。既に終わったらしいとの話も毎年恒例なので強行。
台風で陥没し、駐車場は閉鎖中でした。 平日とはいえ、寂しい海岸線
一投目、4色ほど。程なくアタリはピンギス×2。
嫌な予感がする・・。予感的中。
グットサイズを予感させるアタリも何か変?姿を現したのはイシモチ21センチ。濁りの証か?一時間弱でピン3、ギリギリ天婦羅サイズが1、イシモチ1。これはもう終わってる。ここでも頑張れば、家族分は確保できそうだが、落ちギスを求め旅立つことに・・。
三島海岸着。途中は通過。館山湾を保険に一気に南下。でも、海は見た目、鴨川と全く同じ雰囲気。案の定、アタリすらなし。早々に退散。
保険ポイントの館山湾のサーフへ車を走らせる。
一投目。お〜、何と4連で・・ピンか・・。グットサイズのアタリは・・イシモチ23センチ。ここもか・・。弱いながらも雨も降り出し、戦意喪失。惰性でピンギスを2,3投に1匹のスローペースで釣っていく。
雨が強くなったので、休憩を兼ねて岩井へ移動。
晴れの予報だったので、雨具というか、帽子すら持ってきていない。
10時を過ぎた頃っだったので、100円ショップで雨合羽上下を購入。
岩井着も雨はこちらも本降り。用意してキャストするも、こちらも岩井サイズのピン。これは予想済み。でも、何匹かは普段なら天婦羅サイズも出るはず・・。
もはやヤケクソで投げまくる。雨で手がスベッて4色も飛ばないが・・。午後1時前まで粘るも、もはやここまで。最後までピンギスのみでした。
結果はイシモチ×4、ピンギス×30ほど。
玉砕。また来年頑張ります。
11/8
布引海岸
キスの投げ釣り。布引海岸が比較的釣れているようなのでココに決定。
一投目、アタリなし。本当に釣れてるの?。2色程でたまにピンが釣れるだけ。移動すると釣果が上向きだすが、サイズはイマイチ。
場所を外した?とさらに移動。4色半ほど飛ばし、4色までサビクと心地よいアタリ。20センチ程のキスが釣れた。
良型混じりで釣れ続く。4色で外しても2色半程の場所にも15センチクラスの群れがいるよう。5本針仕掛けに変えて釣り続ける。同所で群れが散ることなく1時間半程釣れ続き、比較的良型主体に20匹以上。前回のうっぷんを晴らしました。大満足です。