chapter 1 〜 どこにいる?

  はじめに

メバルは内湾性の魚で、外海に直接面した場所にはあまりいないようです。
沿岸の岩礁地帯が主な生息地だと言われてますが、まず始めは、数と型のバランス・アプローチのしやすさなどから考えて、漁港や堤防がお勧めです。
漁港といっても、釣れる港とあまり釣れない港があります。
大きめの個体が釣れるところもあれば、小型しか釣れないようなところもあります。
これは、漁港内外の環境に左右させるのだと思います。何シーズン通っても大型が混じらない場合は、攻め方がそのポイントに合ってないのか、もしかしたら、大型はいないのかもしれません。
◆ メバルの成長は遅い・行動範囲は狭い ◆
メバルは成長の遅い魚です。一番美味しいと言われている20cm程に成長するまでに、3〜5年を必要とするようです。とすると、尺になるまでには何年かかるのでしょうか?。
また、メバルはあまり移動しません。釣りつくせば、その場所では最悪絶滅の可能性があります。
私は、釣りのスタイルを強制するのもされるのも嫌いです。ですが、さすがに食べないのならリリース、できれば優しくリリースして下さい。そして、キープするサイズや数についても、できればもう一度考えてみて下さい。

  常夜灯(明暗の境目)
メバルもスズキと同じくフィッシュイーターです。
暗い場所に隠れて小魚が来るのを待っています。
明るい場所にルアーをキャスト。そしてスローリトリーブ。
暗闇にルアーがさしかかるその瞬間、メバルが襲いかかります。
明暗のコントラストは強ければ強いほどグッド。ぼんやりと全体的に明るい港ではあまり釣ったことがありません。ただし、水深などの関係で例外もあります。

  障害物(船、ブイ、ロープなど)
生粋の根魚ではないようですが、何かに寄り添っていると安心するようです。
特に船は吉。係留されていれば、当然これを繋ぐロープやブイも、もれなくセットで付いてきます。ロープは新しいものより海草の付いている古いもののほうがグットです。
船の少ない港は厳しいけれど、多い港もロープが縦横無尽に張り巡らせれて釣りにならなかったり・・。
船に限らず水面に浮いているゴミの下にもいます。自然物・人工物を問わず、とにかく障害物は吉なのです。

  テトラ
港の周りを取り囲むように設置されたテトラ。当然ポイントとなります。
なんとなく港内より大きいのが釣れる気がします。その分、ボウズの危険も大きいような・・・。
テトラ帯はそのサイドだけでなく、根掛りを恐れずに真上も通します。
そして、ヒットしたら強気のドラグ設定で一気に勝負します。
大型がヒットすると、漁港のように引き抜いてってワケにもいかず、どうしても魚をぶら下げるような形になるので、バラシやロッド破損の危険が付きまといます。タモ網も用意しておきましょう。


  その他
上記以外にもヘチ、曲がり角、スロープなど変化のある場所もポイントとなります。
ソフトルアーをヘチすれすれにリフト&フォールしているとパックっと喰らいついてきます。ただ、ピタリとへチに貼り付かれていると、なかなか厳しい。
ポイントは複合していればさらに価値がアップします。明暗の境目のチョイ先に船がありロープもあり、さらに曲がり角だったりしたら大変です。
ストラクチャー周りは誰でも攻めます。
同じ場所に何度も通っていると、釣れる場所が大体同じだったりします。当然のことながら、やはりその場所を中心に攻めます。
そんなポイントでも他のストラクチャー周りでも反応がない日に、ヤケクソで変化のない場所にキャストしたら「ククク〜ン」っとヒット!!。あれれ?と思いながらもしばらく釣れ続きました。結局は沈みロープが沖にサスペンドしてたんですね。沈み根にしろ沈みロープにしろ、昼に行けば一目瞭然なんでしょうが、夜にしか行けない時もありますからね。何の変化のない所にもとりあえずキャスト!!してみます?
>> chapter 2

TOP >> どこにいる?メソッドタックルソフトルアー&ジグヘッドハードでメバル!メバル四季報