chapter 3 〜 タックル

  マイタックル
PHANTOM PH602XULRS-Si [ダイワ] フリームス 1500 [ダイワ]
長さ6フィートで、負荷はLURE:0.6−4gのエキストラウルトラライトのトラウトロッド。
現在、ダイワのホームページにないので生産打ち切り?
軽量ジグもカッ飛び、15センチのメバルでも十分楽しめるカワイイやつなのですが、20センチを越えるとバットパワーが足りず、メバル相手に主導権を握れなかったりします。
そのため、何匹かランカーメバルにお引取りして頂いています。しつこく抵抗され、ゴンッ、グイッ、ジジジ〜〜グンッグンッ、スカ・・・。とか、強気のドラグ調整で、かかると同時にロッドワークで浮かせにかかったものの、ロッドはのされテトラへ潜られてしまったり。

そして、2004-2005年シーズン用に購入したのがテンリュウのBIG EYE。昨シーズンから、がまかつのチータ、ゼナックのアストラなど、機会があれば店で手に取りながら吟味し、このロッドに決定。
ダイワの月下美人シリーズもよさそうだけど、店頭に並んでから実物を手に取ってみて気に入ったらその時また考えます。
果たして、このロッドで何匹獲ることができるのか?期待してます。
BIG EYE BE682 [TENRYU]

◆ タックル選び ◆
ロッドは釣り場によっても違います。漁港がメインなら、ロープなどの障害物をかわす必要もあるので7フィート前後がお勧め。足場が高ければ、もっと長い方がいいでしょう。
専用ロッドまたはトラウトロッド・バスロッドから選ぶことになります。
専用ロッドが一番とは限らないと思います。
リールは財布次第。ロッドに合わせてセットしましょう。
  ライン
ナイロン、フロロ、PEとありますが、厳寒期も釣りをするということから、しなやかなラインのほうがよさそうということでフロロはパス。軽量リグの使用で、ラインテンションがほとんどかからないことからPEもパス。結局ナイロンを使ってます。
4lb以下がメバルには標準的な太さ。これ以上太いと軽量ジグの扱いが難いくなるし、メバルの喰いも悪くなる気がします。

私はラインを50メートル位しかスプールに巻いていません。100メートル巻きを購入することが多いので、これを2回に分けて使ってます。フルキャストしても15〜20メートル位ですからこれだけ巻いとけば十分です。これから始める方はライントラブルを考慮に入れて100メートル巻いておきましょう。

月下美人
[ダイワ]
T.D.LINE SENSOR EDITION
[ダイワ]
FAMELL
[YAMAMOTO]
一押し。扱いやすく、トラブルも少ない。ナイロンなのにフロロ以上に低伸度なのも嬉しい。 月下美人との違いはホームページを見る限りラインの色位か?月下美人がなければこれでもOK。 6lbで0.165mmの太さは4lb相当。安いし安心感もある。

HX LINE
[KEN craft]
Light Game メバル・カサゴ
[バリバス]
いいものはいい。それがケンクラフトでも。安価で品質もよくお勧め。 コーティングは滑らか。ただ、結束強度が弱いく劣化が早かった。多分、もう使わない。バリバスファンの私としては残念。
>> chapter 4

メバル天国 >> どこにいる?メソッドタックルソフトルアー&ジグヘッドハードでメバルメバル四季報