chapter 4 〜 ソフトルアー&ジグヘッド

  ソフトルアー >> エコギア
     グラスミノーSS
  グラスミノーS
  パワーシラス
  ストローテールグラブ
プラグでもジグでもなく、始めはソフトルアーをセットすることがほとんどです。
サーフではプラグオンリーだし、ジグヘッド+ソフトルアーではカッコ悪いとすら思っているのですが・・。

グラスミノーSSを使うのは反則です。それくらいよく釣れます。
ただ、10cm以下の小型もアタックしてくるし、このサイズはリリースしてもダメージが大きそうでフックアップして欲しくありません。よって、最近はどうしてもメバルの顔を見たいとき以外、封印しています。

大型に効くのはグラスミノーSのほう。何故かこれに変えた途端にサイズアップすることがあります。大型狙いでテトラ帯を攻める時には、始めにこれをセットします。

パワーシラスはタフコンディション下で効果的とのこと。私は小型が主体で釣れており、かつ、アタリが小さく渋い状況下でサイズアップを狙う時によく使用します。

そしてストローテールグラブ。待望のエコギア産ネジ系ソフトルアー?。最近、私がランカーサイズを狙うときの使用頻度ナンバー1。オフトのものよりやや大きめ。スリムもあります。

  ソフトルアー >> others.1
  スクリューテールグラブ 1.5インチ
   (OFT)
  ママワーム 1.5インチ
   (マリアオフィス)
  MB45 メバルベイト
   (ラパラ BLUE FOX)
スクリューテールグラブは、私が初めて使ったネジ系?ソフトルアー。
形から想像して、釣れる気は全くしませんでしたが、エコギアグラスミノーで釣れてるときに使ってみたら、評判通りよく釣れました。現在、使用頻度はNo.1。ただ素材が弱いのか、裂けやすいです。

ママワームはビヨ〜ンとよく伸びます。
透明ボディのなかにグロウカラーをコンポジット。これが小魚の内臓のようでグット。
ただ、ワームの粘着性が強いようで、ジグヘッドにセットしにくく、また、尻尾が胴体に引っ付きやすいのが難点。セット直後は注意が必要です。写真はフィッシュ、シュリンプもあります。

MB45は、メバルがスレにくく、大型に効くそうです。
実際、私もこれに変えて一投目でいきなりサイズアップした経験があります。何度も通してた場所なのに不思議です。大きな目もとってもキュート。こちらもまんま小魚。
私の使用環境では、硬化しやすいのが難点。

  ソフトルアー >> others.2
  ROCK MASTER ソニックテール
   (ダイワ)
  ジャコネール
   アクアウェーブ
ROCK MASTER ソニックテールは生分解性で自然に優しい。魚が食べても腸内で分解される。濡れると表面がヌルヌルしていかにも釣れそう。ただ、当然一度しか使えない。

  ジグヘッド
シラスヘッド
 (エコギア)
メバル弾丸
シラスヘッド
ファイン
ビークヘッド
 (マリアオフィス)
メバルショット
 (カルティバ)
COBRA 29
 (がまかつ)
シンカーとフックの形状がそれぞれ違います。
両方とも気に入ったものは、今のところありません。
よく使うのはシラスヘッドとビークヘッド。
私の理想としては(シラスヘッド+ビークヘッド)÷2かな?
◆ ジグヘッドの重さ ◆
ジグヘッドは1グラム以下は扱い難いです。ライントラブルも増えます。ラインにテンションがかからないのでしょうがないです。また、ウルトラライトロッドでも重みを感じることは難しくなります。かといって、あまり重すぎるとスローリトリーブでどんどん潜ってしまい、レンジをキープすることができません。
1.2〜1.8グラムあたりが使いやすいと思います。あくまでもソコソコの水深のポイントでキャストメインの場合です。

  スプリットショットリグ
このリグの利点は、えさ釣り用の針が使え、ガン玉の種類も豊富なこと。針3種類・ガン玉3種類持っていれば、3×3で9通りの組み合わせ。なによりコストパフォーマンスがよい。また、タフコンディション下では無敵?と思います。
欠点は、寒さで指が凍り付いて針に糸が結べないこと。結構イライラします。
針とガン玉の間隔は15〜20センチ位にしてます。メバル針は最低8号、できれば9号以上で勝負。ガン玉は通常4B(1.20g)を使用。5Bは1.85g。
>> chapter 5

TOP >> どこにいる?メソッドタックルソフトルアー&ジグヘッドハードでメバルメバル四季報