chapter 2 〜 メソッド

  メバル攻略の基本
スローリトリーブ
キャスト後、適当にカウントダウンして、ただただゆっくり巻くだけ。2、3秒で1回転位でしょうか。ジグの重さ、風・波、魚の活性などに応じて、その日のパターンを見つけます。

船やブイ、浮遊物周りを攻めるなら着水場所に応じてフリーフォールまたはカーブフォール。メバルがついていれば、このときか巻き始めた瞬間にアタリがあるはず。
アタリがあれば基本的に向こう合わせ。リールを巻きながらロッドを軽くあおってフッキングする位でOKです。バスばりの電撃フッキングは不要です。
もし大きいと判断したなら、多少強引でもはじめの走りは止めるようにします。そのため、ドラグは強めに閉めておきます。テトラや障害物が多いところでは、ロッドワークで潜られないように頑張ります。潜られると悲しい結末が・・・。
アタリがなければそのままスローリトリーブ。明暗の境目やヘチもついでに探ってみましょう。

明暗の境目を攻めるなら明るい場所へキャスト。適当にカウントダウン。ルアーのトレースラインをイメージしながらスローリトリーブ。暗い場所に入るその瞬間、バイトがあるはず。なくてもヘチまで探りましょう。ここで喰うこともありますし、足元でルアーが上向きに軌道を変える瞬間もバイトチャンスです。

ヘチを攻めるなら、リフト&フォール、小刻みなシェイクで誘ってもいいですが、へチに沿ってキャスト&リトリーブのほうが効率的。
もちろんテクトロもOK。ただユックリ歩くだけでもいいですが、ラインを手で摘んでゆっくりアクションをつけながら歩くのもお勧めです。

テトラ帯や藻場は、サイドや切れ目、水深があれば真上も攻めます。テトラ帯に平行にキャスト。沈みテトラの上をトレースします。根掛りが多いのが難点ですが、いい思いもそれなりに・・。

スロープはシーバス狙いでいえばシャロー?。
浅い場合が多いので、ロッドを立て気味にリトリーブしたり、軽いジグヘッドにしたりして、私は根掛かりを減らしてます。
沖目にいた時は、ウェーディングしてやろうかと思ったことも!!
◆ ヘチはバレやすい? ◆
キャストして手前まで巻いてきて足元でバイト!!のらない・・。
港湾だと通常ロッドを下げてリトリーブするので、足元までルアーがくるとロッドとラインが一直線になり、ロッドの弾力が生かしきれずバイトを弾いているのだと思います。
私は、リトリーブしていてソフトルアーがへチに近づいたら、ロッドを右か左かに動かしたり、ロッドをユックリ立て、その分リトリーブをスローにしてルアーの重みだけで手前に動かすようにしたりと、いろいろ工夫しています。なるべくロッドとラインの角度を直角にしようとしています。
  私の攻め方
気分次第ですが、港内ならスクリューテールグラブから始めて、それからはメバルの反応次第で下のようなことをします。(※ 番号は一応の優先順位になってます。)

1、移動する
2、ソフトルアーの種類を変える
3、ハードルアーにチェンジ
4、カラーチェンジ

5、積極的にロッドアクションで誘う
6、スプリットショットに変更


最近は特に意識して立体的に攻めるようにしています。少なくとも、表層、中層、底と3段階は攻めます。
すべての層をすべてのルアーで攻めるのは大変なので、移動先で中層をスプーンで攻めて好反応なら、前のポイントに戻って同じ方法を試したりします。

サイズアップはプラグ・大きいソフトルアーで(2、3)。

反応がない場合は、種類やカラーチェンジ・スプーンに変更・スプリットショットに変更など
  (2、3、4、6)。

スレてきたら、移動します()。
または「チョンッチョンッ」とロッドでワームにアクション付けて誘います()。左右上下、チョンチョンって。トゥイッチ、リフト&フォール、ストップ&ゴー、何でもありです。ただ、派手にやると余計スレるので、やはり移動が一番です。
そうは言っても、最近のメバルブームはすごいので、移動できる範囲が限られる時もあります。
そうなると、スレたメバルをどうにかヤル気にさせるしかありません。2〜6をローテーションして攻めます。ジグヘッドをより軽くして、動きをユックリとさせることもあります。
人が立ち去った後の場所を、その人と違う方法で攻めるのも効果的です。

◆ 夕マズメは面白い!! ◆
マズメ時であれば、テトラ帯や藻場だとサイトフィッシングができたりします。
テトラの影から飛び出してルアーに食いつくところが丸見えだったり、スローリトリーブに反応しない見えメバルを、アクションつけて食わしたときなんかサイズに関係なくガッツポーズです。面白いですよ。夕マズメは。しばし遊んだ後は、マズメ一発ランカー勝負!!

◆ ライントラブル撃退法 ◆
リールは小さくジグは軽いことからラインにテンションがかかり難く、ライントラブルがどうしても起こりやすい。風が強い日はなおさらです。
キャスト、着水、リールのベールを返す。ラインローラーにラインがかかっているのを確認(かかってなければ手でかける)すると同時に、糸を張るためにロッドを糸ふけの分だけ軽くあおって巻き始める。これでライントラブルは激減するはず!?
>> chapter 3

TOP >> どこにいる?メソッドタックルソフトルアー&ジグヘッドハードでメバルメバル四季報