surf fishing manual..

  chapter 1 〜 はじめに

 ■ サーフのへの誘い

■サーフの魅力って、爽快感ではないでしょうか?自然との一体感ではないでしょうか?
明るい時間に勝負できるっていうのもいいですよね。
私は夜明け少し前からサーフに入ります。星が信じられないくらい沢山見えます。
海面に反射する月明かり。うっすらと明るくなり始める東の空、紅く、ときには橙に。
非日常の世界がそこにあります。冬なら気嵐(けあらし)が幻想的です。
独特の匂いがまた、たまりません。

お気に入りのタックルを手に、波に足をあらわれながら、立ち上がる波の向こうへお気に入りのミノーをフルキャスト。ただただ、回遊を信じて気の済むまで粘るもよし。好きなだけランガンするもよし。
自己陶酔型人間向け?Mっ気がないとできない修行の世界?
好き嫌いが激しいんじゃないでしょうか?、サーフって。私は大好きです。
 ■ 私のサーフ・フィッシング・スタイル
[ フローティングミノー ]
「ルアー=ミノー」という単純なイメージからルアーの世界に入りました。ミノーが大海原に飛んで行く姿は何度見ても飽きません。釣果もそこそこはあります。そんな理由から、今でもほぼ100%フローティングミノーをキャストしています。遠浅サーフが多い環境においてのみ成立するスタイルなのかもしれません。

[ ターゲット ]
初めはヒラメだけを狙っていました。でも、南房サーフは単一魚種でルアーフィッシングが成立するほど魚影が濃いとも思えないし、周年楽しみたいこともあって、今ではシーバス・ヒラメ・マゴチと狙えるものすべてを節操なくターゲットにしています。ちなみに河口域はサーフと思っていません。河口か流れ込みかはウェーダーで渡れるか否かで判断してます。

純粋な外海向きサーフで、フローティングミノーをフルキャスト。狙うはシーバス・ヒラメ・マゴチ。

それが私のスタイルです。
 ■ surf fishing manual..について
このHPは、「このくらいの考え方だと、このくらいの釣果」ということを実践するものです。「このくらいの考え方」に相当するのがこの「surf fishing manual..」で、「このくらいの釣果」に相当するのが「釣行記」です。
そんなワケで、「surf fishing manual..」は「このくらいの考え方」、すなわち、「私はこんな感じでポイントを探し、ルアーを選びながらやってます。」ということを簡単に書いたものです。

今後、ブログにてさらに展開させる予定です。
>> chapter 2

surf fishing manual >> サーフへの誘いサーフの攻略法シーバスヒラメマゴチタックルルアー