surf fishing manual..

  chapter 2 〜 サーフの攻略法

 ■ 前提として−その1
サーフのシーバス・フィッシングは、基本的に回遊待ちの釣りだと思っています。
そして、ルアーの射程距離に入ってくる魚はヤル気満々の高活性な個体が多いと思われます。
とすると、釣れない理由は2つ。

1、回遊がない
2、回遊とキャストのタイミングが合わなかった

1はどうしようもないで、2にどう対処するかが釣果アップのポイントです。
2はシーバスがルアーを見つけてくれなかったということです。
私の答えは次の2つ。

2−1、休まずルアーをキャストする
2−2、できるだけポイントが重複した場所で粘る。

 2−1について
ただひたすらキャストする
投げなきゃ釣れません。人の2倍のペースで投げれば、釣果も人の2倍に近くなるはずです。例えば、立ち居地・水深にもよりますが、明らかにバイトゾーンから外れている手前数メートルにルアーが入ったら高速回収する。投げる際のタラシの長さも、出来るだけ1発で調整するなど、ルアーをキャストする回数を増やす工夫
が出来るところは幾つかあると思います。ルアーチェンジも必要最低限しかしません。たまにマズメ真っ只中にソフトルアー用のリグを時間を掛けてセットしている人を見かけますが、個人的にはいかがなものかなと思います。もちろん、そうすることが楽しいのなら、全くそれで構いません。
ライントラブルの回避
今現在は年に1度あるかないかという程度ですが、始めたばかりの頃は1日数回は当たり前。トラブルの度にイライラしながらラインシステムを組み直していた記憶があります。それが嫌で、トラブル後は直結でやっていた時期もあります。今現在はマズメにトラぶったら、8の字でダブルラインを組んでそのままスナップに結び、リーダーは省略です。リーダーを省略できるように、メインラインにはナイロンを使っています。投げる前には必ずガイドにラインが絡まっていないか確認します。そのため、1秒分だけ保険を掛けています。
今流行のPEでも全く構いませんが、それなら替えスプールを持参するとか初心者の方はすべきだと思います。PEしか考えられないと雑誌で発言するアングラーもいますが、その方がサポートを受けているメーカーのラインアップには、そもそもソルト用としてPEしかないなんて方もいます。ラインに限ったことではありませんが、あまり雑誌などを鵜呑みにしないほうが懸命です。サーフに限れば、他のポイントと比べてPEのメリットは相対的に少ないと思います。私は少なくとも初心者の方にはナイロンをお勧めします。10ポンドか12ポンド以上のラインなら、直結でもリスクはそれほど高くはなりません。今は飛距離重視のルアーが揃ってますし、太糸でも十分にルアーを飛ばせます。
最後に
マズメの5分はマズメ後の1時間に相当する価値があります。この5分をトラブルの処理に使うのはもったい
ないです。マズメの時間帯はルアーを投げることに専念できるようにすべきだし、そうするためにどうすればよいか考えるべきです。

 2−2について
シーバスは、基本的に岸近くのカケアガリに沿って回遊していると考えています。そうだとすれば、どこでも釣れる可能性があることになります。ただ、カケアガリ以外に変化が無いとシーバスは通過するだけなので、回遊とキャストのタイミングが合うかどうかの一発勝負になってしまいます。ヒラメ・マゴチがステイする場所としても、魅力的とは思えません。
シーバスとルアーの遭遇の確率を上げるには、シーバスがちょっとでも留まるであろうと予想される場所でキャストすることです。ポイントが重複している場所で粘るのが一番です。根があればシーバスが小魚がいないか探すため、根を一周するかもしれません。少しだけでもスピードを落とすかもしれません。
ちょうどルアーを回収中にシーバスが根に差し掛かれば、ただのカケアガリなら通過してサヨナラとなるところ、次にキャストしたルアーを発見してくれるかもしれません。
とすると、ランガンは損?
よさそうな場所を捨ててまでというのは、純粋にシーバス狙いなら損かもしれません。でも、集中力の問題もあるし、よりよい場所が他にあるかもしれません。難しいところです。ある程度ランガンしたら、その中で一番よさそうな場所に戻って粘るのもいいかもしれません。
私は・・周りの人と比べると、一箇所で粘るほうみたいです。

 ■ 前提として−その2
波の立ち方・サラシ加減・海の色の明暗・払い出し・陸地側の変化などから海底の地形・水深を読みます。目視・ルアーの流され方・ルアーの引き抵抗の変化などから潮の流れを把握します。
そして、頭の中でイメージした海底の地形に潮の流れを当てはめて、シーバス・ヒラメの回遊ルート、ヒラメ・マゴチの付き場を想像します。根や流れ込みもあれば当然考慮します。
こうして探したポイントにランク付けして、ランガンするか粘るかを決めます。
私は、ポイントを点では捉えきれないのでエリアで考えています。エリアで捉えていても、変化の際(キワ)は特に重視しています。

 ■ フローチャート
波の立ち方で荒れ具合・目視で潮の流れの有無を大雑把に把握
 ↓
第1段階
1、波の立ち方をみて場所探し
  →周囲より深そう
  →周囲より起伏があり変化に富んでいる
2、払い出しを探す
  →波判断でポイントを絞れないときに優先する
 
[rank C]
 ↓
第2段階
粘るか?
→根があるか?(流れ込みはあるか?)  あればポイントの評価は以後、1.5段階アップ
 
→その場所で流れの有無をチェック
→より詳しい地形的変化をチェック
  変化あり       変化なし
[rank B]         移動(第1段階へ)
 
第3段階
さらに粘るか?
→ヨレがあるか?
→流れは複数入り組んでいるか?
→足元などのマテリアルに変化はあるか? (→ これは0.5段階アップ)
  ある          ない
[rank A]          移動を考慮(第1段階へ)
  
第4段階
さらにさらに粘るか?
→変化の強弱を念頭に、過去の経験からポイントのポテンシャルを想像する
  90点以上       90点以下
[rank A+]        移動を考慮(第1段階へ)

※根と流れ込みは別次元、あればそれだけで1.5ランクアップ
  よって、第1段階をクリアすればCランクのところ、1.5ランクアップで「B+」相当。 
  第2段階をクリアすればA+相当なのでほぼ心中ポイントとなる。
  また、ある場所を知っていればここをメインに考えるのが普通。
※当然、変化の強弱、その日の状況でランクは変動する
  ちなみに私が釣った座布団ヒラメのポイントランクは「B+〜A−」位です。
>> chapter 3-1

surf fishing manual >> サーフへの誘いサーフの攻略法シーバスヒラメマゴチタックルルアー