surf fishing manual..

  chapter 5 〜 ルアー

 ■ お気に入りのルアー
ポイントの水深、荒れ具合、風向き、ターゲットを考えてルアーを選択。
ポイント選びが横方向の攻め、ルアー選択が縦方向の攻めと考えています。
ルアーの泳層と魚種の関係は、マゴチは底〜70cm、ヒラメは底〜100cm、シーバスは底〜水面。イメージとして、マゴチは底、ヒラメは中層、シーバスは中・表層です。すべてをいっぺんに狙うなら、中層をミディアムで泳がします。

ランガンする時は、R50などの手返しのいいルアーを使っています。リトリーブスピードなどにもよりますが、潜行深度はイメージとして50〜80cm位です。
荒れ気味・向かい風などで、これらのルアーでは飛ばない・泳がない時はアローヘッド120F・サスケ烈波などにチェンジ。潜らせたいときはアローヘッド120F・サスケ烈波・ヒラメミノー125Fなどにチェンジ。順番通りにより潜ります。

それほど荒れてなくポイントが絞り込まれている場合、アピール優先で大きいルアーを使うこともあります。シーバス狙いなら心持ユックリと、ヒラメ狙いなら少しだけロッドを下げてミディアムミディアムファーストでザブラ139Fなどをノタノタと泳がしてやるとガボっと・・炸裂!?。
  ショアラインシャイナーR50
□信 頼 度 ★★★

□使用頻度★★★

□遠浅サーフ指数
潜行深度 中層
荒れ・向かい風対応 △
(以下、R50を基準に相対評価)
□マイフェイバリットルアー

  sasuke SF-120 剛力・技力・裂波
□信 頼 度 ★★★
□使用頻度★★★
□遠浅サーフ指数
潜行深度 中層〜底層
荒れ・向かい風対応 △〜○
□泳ぎの技力、飛びの裂波、バランスのとれた剛力。個人的な好みは「技力→剛力→裂波」の順。この順番に波・風に強くなる。座布団ヒラメを獲ったのは技力。

  ZBLシステムミノー139F
□信 頼 度 ★★☆

□使用頻度★★☆

□遠浅サーフ指数
潜行深度 表層−、中層+
荒れ・向かい風対応 ×〜△
□コンセプト通り"弱々しく、しっかり"泳ぎます。波1.5m位なら楽勝です。

  オシアミノーヒラメスペシャル125F
□信 頼 度 ★★☆

□使用頻度★★☆

□遠浅サーフ指数
潜行深度 底
荒れ・向かい風対応 ◎
□荒れたサーフ、深場を攻める時に役立つルアー。飛距離も十分な個性の強い一本。

  アローヘッド120F
□信 頼 度 ★☆☆

□使用頻度★☆☆

□遠浅サーフ指数
潜行深度 中層−
荒れ・向かい風対応 ○
□飛距離十分。ローリングアクション。荒れ気味のサーフでも泳ぎきるのは、対ヒラスズキ用ルアーの意地?


  FEED SHALLOW
□信 頼 度 ★★★

□使用頻度★★★

□ノタノタと引き波を立てる泳ぎはアピール度満点。マゴチまでもが水面アタック!!

  TUNED K-TEN TKLM "9/11"
□信 頼 度 ★★★

□使用頻度★★★

□大きさからは信じられない飛距離。ロッドを立ててスローに泳がすとガボッと炸裂。


surf fishing manual >> サーフへの誘いサーフの攻略法シーバスヒラメマゴチタックルルアー